マンションや共同住宅での暮らしというと「ご近所付き合いが煩わしい」と感じる方が多いようです。しかし昨今では、住人の高齢化や震災などの影響で、コミュニティの大切さが見直されています。共同生活の中で挨拶が気持ちよく交わされる関係。そして、いざというときに頼れる専門家がいる。そんな新しい暮らしのかたちが求められています。

マンション管理会社の組織(フロントマン・管理人・コールセンター)

マンション管理会社では管理組合から業務を受託すると、物件毎に担当者「フロントマン」を定め、このフロントマンが「理事会」や「総会」に同席して管理組合にとって有益なアドバイスをおこないます。その他、マンションの現地に管理員が派遣され、マンションの住人との窓口の役割を担ったり清掃を担当することもあります。また。管理会社の通常の営業時間外の緊急対応窓口としてコールセンターを設置することも一般的です。今回、マンション管理会社の主な組織について学んでいきます。

マンションの管理会社とは?

管理会社の社員1│フロントマン

マンション管理組合から業務委託を受けた管理会社では、物件毎に担当者「フロントマン」を決めます。フロントマンは、マンションの住人や役員(理事)にとって、管理員と並びもっとも接する機会の多いスタッフす。フロントマンを上手に活用することが、管理の品質はアップするための大切なポイントです。

管理会社の社員2│管理人(管理員)

マンションの管理人(管理員)は、管理委託契約書に定められた管理員業務に基づき、住人からの問い合わせの受付や点検の立ち合いなど、さまざまな業務をおこないます。物件担当者(フロントマン)と同様に、マンション管理人の対応は、マンションの管理の満足度に大きな影響を与えます。

管理会社の社員3│コールセンター

マンションの管理会社では管理を受託した居住者向けに、夜間や休日も含めた24時間365日対応する緊急連絡窓口(コールセンター)を設置しています。コールセンターのスタッフには、マンション管理の法律的知識の他、漏水や設備の事故などトラブルに対応できる技術的な知識が必要です。コールセンターの対応力の差がマンション管理会社の満足度に大きな影響を与えます。

マンション管理会社への業務委託

マンション管理には、専門的な内容も含まれるため、管理組合の多くが管理会社に業務委託をしています。管理組合と管理会社の関係には、大方の業務を管理会社がおこなう全部委託方式と、業務の一部を管理会社がおこなう一部委託方式があります。全部委託方式から、コスト削減を目的に一部委託方式に変更をする管理組合もあります。

補足│自主管理方式

自主管理マンションでは、理事会が中心となって管理業務をおこないますが、理事の責任や業務の負担が重く住人の高齢化などの影響もあり、現在では、管理組合が全ての業務を行なっている、いわゆる自主管理マンションは減少傾向にあります。

総括

マンション管理会社は、管理業務を管理組合にかわって実施する業者のことです。マンション管理会社は、平成13年に施行されたマンション管理適正化法により、マンション管理を業としておこなう会社は、国土交通省に登録することが義務付けられました。マンション管理組合がおこなう業務は非常に幅広く、また専門性の高いものが多く含まれます。そこで大多数のマンションでは管理組合の業務をマンション管理会社に委託しています。しかし、管理会社に業務を委託したとしてもマンション管理の主体は管理組合にあることにかわりはありません。