マンション管理会社の受託戸数ランキング

マンションの管理会社の受託戸数ランキング管理組合向け
編集部

「マンション管理の教科書」は『伝え方を変えれば管理組合に届く』をコンセプトに多くの問題を抱える管理組合に有益な情報提供や魅力的なサービスをつなげるプラットフォームです。

【マンション理事長の教科書】をフォロー
マンション管理新聞社が毎年マンション管理会社の受託戸数ランキングを発表しています。このランキングは顧客満足度調査ではないため受託戸数が多ければ良いということではありませんが、マンション管理会社のランキングの指標のひとつとして参考にしていただければ幸いです。

マンション管理会社総合ランキング・TOP50

新築分譲マンションの物件概要には、大手のデベロッパーの場合にはその系列の管理会社の名前があがっていることが大半です。デベロッパー系の管理会社は、親会社でマンションを建築すればそのまま管理を任されることが多いわけですから自動的に管理戸数が増えてきます。一方で独立系の管理会社の場合には新築のマンションの管理を行う機会はほとんどないので、その後の営業力次第ということになります。新聞広告やインターネット広告などでは独立系の管理会社の広告を見る機会が多々あります。

管理会社名受託戸数受託組合数分類
1日本ハウズイング459,5518,466独立系
2大京アステージ429,5767,626デベロッパー系
3長谷工コミュニティ366,7933,613ゼネコン系
4東急コミュニティー341,0415,198デベロッパー系
5三菱地所コミュニティ335,9804,350デベロッパー系
6大和ライフネクスト273,0113,916デベロッパー系
7合人社計画研究所217,0754,164独立系
8三井不動産レジデンシャルサービス209,4212,391デベロッパー系
9住友不動産建物サービス173,1471,879デベロッパー系
10野村不動産パートナーズ164,1262,223デベロッパー系
11日本総合住生活161,162749デベロッパー系
12コミュニティワン160,3773,234独立系
13あなぶきハウジングサービス127,9902,688デベロッパー系
14穴吹コミュニティ108,7572,014デベロッパー系
15伊藤忠アーバンコミュニティ106,6801,285デベロッパー系
16グローバルコミュニティ98,5132,176デベロッパー系
17東京建物アメニティサポート76,3871,173デベロッパー系
18近鉄住宅管理66,258738デベロッパー系
19ナイスコミュニティー63,7461,199デベロッパー系
20大成有楽不動産57,560756ゼネコン系
21浪速管理56,019579独立系
22レーベンコミュニティ52,814881デベロッパー系
23日鉄コミュニティ51,086574デベロッパー系
24日本管財住宅管理49,709850ビルメンテナンス系
25ライフポート西洋49,1631,195独立系
26日本住宅管理42,923791独立系
27関電コミュニティ41,018503独立系
28明和管理40,666857デベロッパー系
29ホームライフ管理39,473593デベロッパー系
30MMSマンションマネージメントサービス37,377608独立系
31三井不動産レジレンシャルサービス関西33,367443デベロッパー系
32住商建物33,217324デベロッパー系
33阪急阪神ハウジングサポート32,591353デベロッパー系
34日神管財32,219785デベロッパー系
35伏見管理サービス30,737713独立系
36互光建物管理29,436312ビルメンテナンス系
37ユニオン・シティサービス29,040695独立系
38双日総合管理28,690274ビルメンテナンス系
39エスリード建物管理27,470363デベロッパー系
40クラシテ24,047665独立系
41マリモコミュニティ23,895389デベロッパー系
42長谷工コミュニティ九州23,457511ゼネコン系
43名鉄コミュニティライフ22,286322デベロッパー系
44大和地所コミュニティライフ22,094340デベロッパー系
45スカイサービス21,366535デベロッパー系
46日本ビルサービス21,028310ビルメンテナンス系
47エフ・ジェー・コミュニティ19,989294デベロッパー系
48エム・シー・サービス19,616542独立系
49エステム管理サービス19,226241デベロッパー系
50TFDコミュニティ18,845390デベロッパー系

出典 マンション管理新聞2020年5月25日付
管理会社各社の2020年3月末現在の総合管理受託戸数の調査を実施、集計した管理会社は514社
※分類は、当社で追記しています。

デベロッパー系の管理会社の場合には、親会社が販売するマンションの管理を自動的に引き受けることで管理戸数を増やしているので営業努力や管理組合から支持が反映されて戸数を増やしているとは一概に言えません。

管理会社の受託戸数ランキングのグラフ

独立系マンション管理会社ランキング・TOP10

独立系
ランキング
総合
ランキング
管理会社名受託戸数受託組合数
11日本ハウズイング459,5518,466
27合人社計画研究所217,0754,164
312コミュニティワン160,3773,234
421浪速管理56,019579
525ライフポート西洋49,1631,195
626日本住宅管理42,923791
727関電コミュニティ41,018503
830MMSマンションマネージメントサービス37,377608
935伏見管理サービス30,737713
1036互光建物管理29,436312

この記事のまとめ

近年、マンション管理業界でも他の業界と同様に人手不足が深刻化しており、スタッフや管理員の採用難による賃金アップなどの影響もあって、各社コストダウンの必要性に迫られています。そこで、スケールメリット確保のための大手管理会社によるM&Aが盛んにおこなわれ管理会社の集約化が進んでいます。

こうした合併は、管理会社内部でのコスト削減やシステムの効率化の面では有利ですが、管理組合側からみればデメリットもあります。

合併による効率化の過程の中で管理会社から「値上げ」や「解約」といった通知があったり、管理会社スタッフのモチベーションの低下や、社内システム変更の混乱から管理の質の低下も起こっています。

今後もなおM&Aは続いていくことが予想されることから、業界動向に注目をしていく必要があるでしょう。