マンション管理会社の受託戸数ランキング2021年度版

マンションの管理会社の受託戸数ランキング管理組合向け
管理組合向け
マンション管理新聞社が毎年マンション管理会社の受託戸数ランキングを発表しています。このランキングは顧客満足度調査ではないため受託戸数が多ければ良いということではありませんが、マンション管理会社のランキングの指標のひとつとして参考にしていただければ幸いです。

マンション管理会社総合ランキング・TOP50

マンション管理会社総合ランキング・TOP50
新築分譲マンションの物件概要には、大手のデベロッパーの場合にはその系列の管理会社の名前があがっていることが大半です。デベロッパー系の管理会社は、親会社でマンションを建築すればそのまま管理を任されることが多いわけですから自動的に管理戸数が増えてきます。一方で独立系の管理会社の場合には新築のマンションの管理を行う機会はほとんどないので、その後の営業力次第ということになります。新聞広告やインターネット広告などでは独立系の管理会社の広告を見る機会が多々あります。

管理会社名受託戸数受託組合数分類
1日本ハウズイング469,8988,598独立系
2大京アステージ431,6567,635デベロッパー系
3長谷工コミュニティ373,7603,658ゼネコン系
4東急コミュニティー341,6425,209デベロッパー系
5三菱地所コミュニティ334,0744,330デベロッパー系
6大和ライフネクスト275,1403,956デベロッパー系
7合人社計画研究所223,0434,316独立系
8三井不動産レジデンシャルサービス202,6062,428デベロッパー系
9住友不動産建物サービス173,1941,854デベロッパー系
10野村不動産パートナーズ166,9762,239デベロッパー系
11日本総合住生活161,437752デベロッパー系
12コミュニティワン160,6833,248独立系
13あなぶきハウジングサービス131,3472,811デベロッパー系
14穴吹コミュニティ110,4912,041デベロッパー系
15伊藤忠アーバンコミュニティ106,2431,292デベロッパー系
16グローバルコミュニティ101,0282,226デベロッパー系
17東京建物アメニティサポート77,6131,178デベロッパー系
18近鉄住宅管理68,477750デベロッパー系
19ナイスコミュニティー64,5551,213デベロッパー系
20レーベンコミュニティ57,190918デベロッパー系
21大成有楽不動産57,061752ゼネコン系
22浪速管理57,013584独立系
23日鉄コミュニティ52,413588デベロッパー系
24ライフポート西洋50,7791,236独立系
25日本管財住宅管理50,172857ビルメンテナンス系
26関電コミュニティ44,276523独立系
27日本住宅管理43,400803独立系
28明和管理41,126867デベロッパー系
29ホームライフ管理39,816605デベロッパー系
30MMSマンションマネージメントサービス37,402614独立系
31阪急阪神ハウジングサポート33,538365デベロッパー系
32住商建物33,217324デベロッパー系
33日神管財32,998807デベロッパー系
34三井不動産レジデンシャルサービス関西31,903444デベロッパー系
35伏見管理サービス31,428726独立系
36エスリード建物管理30,277403デベロッパー系
37ユニオン・シティサービス29,199694独立系
38双日ライフワン
(旧双日総合管理)
28,719276ビルメンテナンス系
39互光建物管理27,287300ビルメンテナンス系
40長谷工コミュニティ九州23,959518ゼネコン系
41クラシテ23,957657独立系
42マリモコミュニティ23,369384デベロッパー系
43大和地所コミュニティライフ23,169360デベロッパー系
44名鉄コミュニティライフ22,539325デベロッパー系
45積水ハウスGMパートナーズ
(旧積和管理関西)
22,279257デベロッパー系
46スカイサービス21,500538デベロッパー系
47エフ・ジェー・コミュニティ21,121311デベロッパー系
48日本ビルサービス20,909310ビルメンテナンス系
49エステム管理サービス20,596257デベロッパー系
50エム・シー・サービス20,110552独立系

出典 マンション管理新聞2021年5月25日付
※分類は、当社で追記しています。

デベロッパー系の管理会社の場合には、親会社が販売するマンションの管理を自動的に引き受けることで管理戸数を増やしているので営業努力や管理組合から支持が反映されて戸数を増やしているとは一概に言えません。

2021年度/管理会社の受託戸数

独立系マンション管理会社ランキング・TOP10

独立系
ランキング
総合
ランキング
管理会社名受託戸数受託組合数
11日本ハウズイング469,8988,598
27合人社計画研究所223,0434,316
312コミュニティワン160,6833,248
422浪速管理57,013584
524ライフポート西洋50,7791,236
626関電コミュニティ44,276523
727日本住宅管理43,400803
830MMSマンションマネージメントサービス37,402614
935伏見管理サービス31,428726
1039互光建物管理27,287300

この記事のまとめ

近年、マンション管理業界でも他の業界と同様に人手不足が深刻化しており、スタッフや管理員の採用難による賃金アップなどの影響もあって、各社コストダウンの必要性に迫られています。そこで、スケールメリット確保のための大手管理会社によるM&Aが盛んにおこなわれ管理会社の集約化が進んでいます。

こうした合併は、管理会社内部でのコスト削減やシステムの効率化の面では有利ですが、管理組合側からみればデメリットもあります。

合併による効率化の過程の中で管理会社から「値上げ」や「解約」といった通知があったり、管理会社スタッフのモチベーションの低下や、社内システム変更の混乱から管理の質の低下も起こっています。

今後もなおM&Aは続いていくことが予想されることから、業界動向に注目をしていく必要があるでしょう。

管理組合向け
この記事を書いたヒト
編集部

「マンション管理の教科書」は『伝え方を変えれば管理組合に届く』をコンセプトに多くの問題を抱える管理組合に有益な情報提供や魅力的なサービスをつなげるプラットフォームです。

【マンション理事長の教科書】をフォロー
マンション管理の教科書