理事になったら知ってほしい管理のこと

マンションは、一戸建てとちがい、年齢や性別、価値観等のまったく違う住人が暮らしています。だからどんな素晴らしいマンションでもトラブルは必ず起こり、理事会に対してクレームがつくこともあります。毎月、休日おこなわれる理事会も負担でしょう。せっかくの休日に、せまい管理室に集合して、居住者間の騒音問題など、解決するのに特効薬がないことを議論するのは、決して楽しいものではありません。

一方で、理事になると、良い面も当然あります。定例の理事会で自分たちの暮らすマンションのルールやマナーを再確認できます。毎月支払っている管理費等がどの様に使われて、管理会社はどんな仕事をしているのか。そして、マンションの設備等も理解することによって、マンションに対して一層の興味や愛着がうまれてきます。

何よりマンション内のトラブルや問題を解決するのに、他の役員のみなさんと協力し合うことで、今までは、顔はみたことあるけど名前や素性をもわからなかった方々と知り合いになって、マンション内に頼りになる仲間ができることも多くあります。

実際に、これまで理事の皆さんが、理事会では充実した議論をおこない、理事会終了後には、そのままみんなで、近所のファミレスにランチに行くように、それまで顔も知らなかった住人同士が、理事を務めたことで交流を深めたマンションを数多くみてきました。

ですから、役員候補に選ばれたら、端からつまらないものだと思わないで、おもいきって管理の見直しに取り組んではいかがでしょうか。理事を満喫して、マンション管理にハマる方もいるものです。理事として任期のあいだマンションの運営に今までより少しだけふかく携わってみてください。

参考:マンションの理事経験についてアンケート結果

子どもを通した知り合い以外とは、なかなか交流する機会がなかったので、同じマンションの中に知り合いが増えたのが、よかったです。少しでも住みよいマンションにしたいという思いは共通で、皆さん前向きな方ばかりでした。順番に全員が理事になるという方法は、住民の意識を高めるためにも、いい方法だと再認識しました。

特にありませんが、普段あまり話さない人達と一緒に理事をしたので以前より交流出来るようになった点が良かったと言えます。規模の小さいマンションですが、せっかく同じ建物に住んでいるわけですからもっと交流をしてもいいと思えるようになりました。また中には私が住むずっと以前から住んでいる人もいて、昔の出来事や背景が知れたのも良かった点です。

マンションの役員になったらまずはこれからはじめよう!

マンションの価値をあげる

  1. 他の理事の方との連絡方法を確認しよう
    理事同士が連絡できなければ、何かマンションでトラブルが起こったときに迅速に対応することはできません。メールや電話番号等を記載した役員名簿を作成しましょう。ただし、個人情報を提供するのを嫌がる方に無理強いするのは望ましくありません。
  2. 自分たちの暮らすマンションを隅々まで見てまわる
    意外と、自分たちのマンションのことを知らないことに驚くはずです。管理会社や管理人さんにお願いして、(安全を確認した上で)屋上にあがるなど、マンション内を巡回してみると、今までとは違ったマンションの部分がみえてきます。
  3. 管理規約や使用細則を読みなおしてください
    マンションのルールである「管理規約」や「使用細則」をあなた自身は守っていますか?
    共同生活にはルールがあります。マンションで暮らす方、全員がしっかりと理解することが大切です。もし理事が管理規約を読んだことがなければ、総会での質疑で恥ずかしい思いをするかも知れません。
  4. 管理会社との決め事「管理委託契約書」を読もう
    一般的な分譲マンションでは、業務のほとんどを管理会社に委託しています。管理会社が行なっている業務の内容を正確に把握することが、自分たちのマンションのことを理解するはじめの一歩です。