マンションのインターホン設備

マンションのインターホン設備
最近のマンションでは、インターホンは当たり前の設備になっています。オートロックのマンションでは、エントランスに集合玄関機が設置され、各部屋から遠隔でオートロックを解錠することが可能です。最近のインターホンは進化して「録画機能」や「スマホと連動」する機能などが利用できます。マンションに取り付けられているインターホンのメーカーは「アイホン」「パナソニック」の2社がほとんどで、両社の製品とも15年が寿命とされシステムの交換が必要となります。「集合玄関型インターホン」の場合には、各住戸、エントランス、管理室、自動火災報知設備などが一つのシステムになっているため、インターホン設備をリニューアルする場合には、システム全体の交換が必要となり多額の費用が必要となります。したがって長期修繕計画などで、将来を見据えてリニューアル費用を見込んでおく必要があります。

記事一覧

管理組合向け

集合インターホン設備「アイホン」「パナソニック」の交換・リニューアル

マンションの集合インターホンシステムは、約15年で交換時期を迎えるといわれています。近年のインターホンは複雑な機能を有し […]