マンション管理士事務所/トップ

マンション管理士は、マンション管理のコンサルタントです。

マンション管理士は、マンション管理組合や理事会、マンションにお住まいの方のよき相談相手です。マンション管理士は、日本のマンションの住環境を守るためのコンサルタントとしての専門知識を持つ国家資格者です。これまで、一度もマンション管理士を利用されたことのないマンション管理組合の皆さまから、マンション管理士を活用してみたいけれど「どのマンション管理士や事務所を選んで良いのかわからない」「どんなサービスを受けてよいのかかわからない」といったご相談をいただくことがあります。そこで、マンション管理組合の理事やお住まいの方が、マンション管理士や事務所を探す場合の参考になるように、地域別のマンション管理士事務所一覧名簿と、各業務ごとの選択ポイントをまとめましたので、評判の高いマンション管理士を探す場合の参考にどうぞご利用ください。

マンション管理の問題やトラブル解決ならマンション管理士が頼りになる

長期的な視点で、マンションを見守ってもらうなら国家資格者であるマンション管理士が安心です。

マンション管理士は、マンション管理組合が抱える問題やご要望に合わせてマンション管理に関するあらゆるお悩みについてご相談いただける存在です。マンション管理について満足してはいないけと、具体的にどうしたらよいのか解らないといった場合にも、マンション管理士事務所は、管理組合の味方としてマンションのよき相談役として対応可能です。

マンション管理士とは?

マンション管理士選択のポイント

マンション管理士資格は、平成13年施行の「マンション管理適正化法」に基づき創設された国家資格です。マンション管理士資格が設けられた背景としては、日本のマンションの住環境を守るためには、マンション管理のコンサルタントとしての専門知識を持つ国家資格者の養成が必要と考えたからです。マンション管理は、マンションが完成したところから始まり、日常の管理の積み重ねでマンションの住み心地や将来の資産価値に大きく影響します。マンション管理士の実際の業務内容は、主に管理組合の顧問に就任して、継続的に理事会運営やマンション内で問題が生じた場合の解決に導くコンサルタントしての役割を担います。

長期的な支援ならマンション管理士事務所がオススメ!

マンションの問題を長期的に支援を受けたいなら、マンション管理士事務所のご利用をおすすめします。マンション管理士は、管理組合のよろず相談役としての役割を担い、マンション管理組合のコンサルタントとして管理組合が抱える問題やトラブルを解決するマンション管理のプロフェッショナルな存在です。マンション管理に関するあらゆるお悩みについてご相談いただけます。管理について具体的な不満があル場合や、マンション管理に満足してはいないけと、具体的にどうしたらよいのか解らないといった場合には、長期的なサポートを期待できるマンション管理士事務所をご利用されてはいかがでしょうか。マンション管理士は、管理組合の心強い味方として、マンションのよき相談役になるでしょう。

マンション管理士を探すには?

実際に、管理組合でマンション管理士の利用を検討しても、評判のよいマンション管理士事務所の情報を得ることは簡単ではありません。インターネットで検索してもマンション管理士事務所の多くは小規模な経営で、実際のところホームページ制作まで手が回らないところも多く十分な情報は得られません。また、マンション管理士事務所が提供するサービスや業務の内容には、各事務所ごとに大きな違いがあり、マンション管理の専門知識の乏しい理事や住人が業務内容を比較してご自宅のマンションに合ったサービスを提供できるマンション管理士事務所を選ぶのは骨の折れる作業です。ここではそういった管理組合の皆さまの参考に少しでもなれるように各業務ごとの選択のポイントや地域別のマンション管理士事務所・一覧をまとめましたので、ご参考にしていただければ幸いです。
マンション管理士の業務をもっと詳しく

マンション管理士を利用したいけど誰に頼もう?

マンション管理士を利用したいけど誰に頼んだらよいのかわからない?実際にマンション管理士を活用してみたいと思って行動に移しても、マンションに合った評判のよいマンション管理士事務所を見つけることは困難です。マンション管理士事務所は、管理会社とは異なり、法令などで事務所の設立に制限は設けられていないため自由に行なうことができます。インターネット検索などでマンション管理士事務所のウエブサイトを探し当てても、実際には事務所を構えていない、実務経験がほとんどないといった事務所も多くあるようです。実際に管理組合がマンション管理士事務所に業務を依頼する場合には、マンションのの要求に応えることができるマンション管理士事務所であるか慎重に検討する必要があるでしょう。

マンション管理組合のためのお役立ち

マンション管理の基礎知識

トップ【管理の基礎知識】

マンション管理の見直しを検討されている方や管理費の削減を考えている方に管理の見直しの方法やコンサルタントの選び方等、マンション管理の基礎知識をご紹介します。

その他のコラム
マンション管理士はマンション管理に必要な3つの”A”を大切にします。
マンション管理に必要な3つのこと
マンション管理のコンサルティング会社の中には、支出を30%削減可能などと断定して謳っていることがあります。たしかに、定期清掃の回数を減らしたりエレベーターの保守会社を変更すれば、不可能ではないでしょう。
しかしながら、そういった提案は居住者同士のトラブルにきっかけとなることが多くあります。もちろん保守会社を変更することが安全性の低下につながるとは限りません。
でも、保守会社を変更することで、安全性に不安を抱く住人がいるとすれば、その方はマンションに安心して住み続けることはできません。
マンション管理士は『安全』『安心』『安価』の3つを満たすご提案ができるように心掛けています。

マンション管理に必要な安全・安心・安価

おとなりのマンションでは専門家を活用している

①過去1年間のトラブルの発生状況※

マンションおけるトラブルの発生状況

マンション内のトラブルについて詳しくみていくと、マンションのトラブルでもっとも多いのは、「居住者間の行為・マナー」の問題が55.9%と最も多く、つぎに「建物の不具合に係るもの」が31.0%、「費用負担に係るもの」が28.0%とつづきます。こうした場合、トラブルの当事者同士だけで解決しようとすると、感情論になってしまいかえってこじれることもあります。こういったときこそ、第三者の立場である外部の専門家やコンサルタントに助けを求めるなど、マンション個々の事情に応じた柔軟な対応が求められます。

②専門家の活用状況※

マンション管理における専門家の活用状況

マンションで活用したことがある専門家は「建築士」が24.4%と最も多く、つぎに「弁護士」が18.7%、「マンション管理士」が16.4%とつづきます。理事の多くは、限られた時間の中で理事会活動をおこなっています。そうした中で、マンション管理の専門的な知識を学んだり、マンション管理会社との交渉をして成果を得ることは困難なことから、管理を見直す必要性を感じながら、どうしても先送りになってしまいがちです。このため、専門家に協力を求めることは、マンションにとってはコンサルタント料などのコストが掛かっても、結局は良い結果を得る近道となる筈です。

③マンション管理士の活用の方法※

マンション管理士の活用方法

管理組合のマンション管理士の活用方法としては「必要に応じ個々に相談」が54.2% と最も多く、つぎに「管理組合の顧問」が20.9%とつづきます。多くのマンションでは、困ったことがあったときにその都度、マンション管理士に頼るケースが多いようです。マンション管理士に限らず、専門家によってその得意分野や能力には大きな差があります。理事が自分たちのマンションにあったマンション管理士を見分けるのはとても困難です。「管理費削減の窓口」は、そういった「優秀なコンサルタントを紹介して欲しい」といったご相談に対しても、アドバイスを行なうことが可能です。

④管理組合運営における将来への不安※

マンション管理組合運営における将来への不安

管理組合が抱いている将来への不安は「高齢化」が57.0%と最も多く、つぎに「管理組合活動に無関心な区分所有者の増加」が34.8%、「理事の選任が困難」「修籍積立金の不足」とつづきます。居住者の高齢化が進むと役員のなり手不足や管理組合活動への無関心層の増加が懸念されます。理事のなり手不足の問題は深刻で、一部の区分所有者に大きな負担がかかるだけではなく理事会の機能が低下していくことが予想されます。こうなる前にマンション管理士の支援をあおぎ、管理の適正化に取り組むことが求められます。

※ 平成25年度マンション総合調査結果・平成26年4月23日公表・この調査は国土交通省が概ね5年毎に実施しています。

追加コストなしでマンション管理費を削減をめざすなら管理コスト削減サービスをオススメします。

マンション内の問題やトラブルの解決、理事会の運営のサポートが必要ならマンション管理士事務所