マンション管理のヒントがいっぱい

マンションや共同住宅での暮らしというと「ご近所付き合いが煩わしい」と感じる方が多いようです。しかし昨今では、住人の高齢化や震災などの影響で、コミュニティの大切さが見直されています。共同生活の中で挨拶が気持ちよく交わされる関係。そして、いざというときに頼れる専門家がいる。そんな新しい暮らしのかたちが求められています。

詳細はこちら

専門家

マンション理事の基礎知識

マンション内でトラブルが起きた場合に支援を依頼する専門家の種類

マンションは共同生活の場ですので、それだけトラブルの内容も多岐にわたります。しかしほとんどの役員(理事)は、管理組合の運営について専門的知識を持ちあわせていません。マンションの居住者の中にも、弁護士や建築士、会計士といった資格を持つ組合員の […]
理事のなり手不足対策

管理組合損害補償金給付制度はマンション管理士の不正による損害の保険

マンション管理組合が「理事長」などの役員を区分所有者以外の「外部の専門家」(第三者管理者)に依頼する場合には、国家資格者である「マンション管理士」を候補とするケースが多いですが、これまで個人の「マンション管理士」や「小規模の法人」等に管理者 […]
コンサルタントの活用

コンサルタントに依頼する前に「自治体の助成制度」などを上手に活用する

マンション管理組合が「マンション管理士」や「建築士」といったコンサルタントの活用を検討される場合には、マンションの所在によっては自治体の「マンション管理士」や「建築士」などの派遣制度が設けれている場合がありますのでこうした制度を活用するのも […]
コンサルタントの活用

管理会社変更(リプレイス)時の、コンサルタント活用のメリットと業務

マンション管理会社を変更(リプレイス)をおこなう過程では、特に理事(役員)に多大な労力や負担が生じます。また、管理会社変更の結果によっては、「前の管理会社の方が良かった」「理事長がバックマージンをもらった」などと、他の組合員からクレームをつ […]
マンション管理のハウツー

マンション管理に疑問を持った時の管理会社以外の相談先一覧

マンション管理組合が抱える管理についての「悩み事」や「相談事」は、まずは日常業務を依頼している管理会社の担当者(フロント)に協力を依頼するのが基本です。それでも解決に至らない場合や管理会社に不信感を抱いている場合には、外部の専門家の無料相談 […]
マンション理事の基礎知識

マンション管理組合がコンサルタント(専門家)を必要とする理由と背景

マンションの管理は、日々トラブルへの迅速な対応や長期的な視点での運営も求められています。しかし、ボランティアでおこなう理事会の活動には限界があります。そこでマンション管理のコンサルタントが必要になっています。 コンサルタントを必要とする理 […]
大規模修繕工事

不適切コンサルだらけの時代に見直される責任施工方式による大規模修繕工事

中立公正が求められているコンサルタントの立場では、大規模修繕工事にかかわらず、特定の業者を管理組合にすすめないのがあたり前とされていますので、「責任施工方式」ではなく、公募を前提とした「設計監理方式」を管理組合に勧めるのが現在では当然となっ […]
コンサルタントの活用

第三者管理方式による不正や横領行為を防ぐには管理会社の役割が重要

平成13年8月1日に施行された「マンション管理の適正化の推進に関する法律」は、住民の皆様の意識の変化やニーズの高まりに応えて、マンションの資産価値を守り、快適な住環境が確保できるようにとの目的から定められた法律です。
コンサルタントの活用

マンション管理士を顧問として採用して理事(役員)の負担を減らす

マンション管理士は、理事会運営をサポートしてくれる頼もしい存在です。管理組合がマンション管理士を顧問として採用すれば、理事会に出席して、理事会の進行をサポートしてくれます。例えば管理会社からの提案が管理組合にとって有益なものかアドバイスをし […]
コンサルタントの活用

外部監査とは、マンションでも外部の専門家の会計監査が必要になる?

監事は、一般的に区分所有者から選任されますが、区分所有者からの選任が困難な場合やタワー等の大規模マンション、複合用途など管理の難易度の高いマンションにおいては、高度な知識が必要となることから、区分所有者とマンション管理士や公認会計士等の複数 […]
コンサルタントの活用

【総合】マンション管理のコンサルタントの活用

マンション管理は、居住者の高齢化、建物の老朽化、無関心層の増加などにともない 区分所有者による理事会が中心となって管理をおこなうことに限界がみえてきました。 そこでサポート役として、コンサルタントを活用をすることが一般的となってきました […]
コンサルタントの活用

理事の外部委託は外部専門家の活用ガイドラインを参考にすると安全

平成28年3月にマンションの管理の適正化に関する指針が改正され、外部専門家が管理組合の管理者等に就任する場合には、「マンションの区分所有者等が当該管理者等又は役員の選任や業務の監視等を適正に行うとともに、監視・監督の強化のための措置等を講じ […]