マンションや共同住宅での暮らしというと「ご近所付き合いが煩わしい」と感じる方が多いようです。しかし昨今では、住人の高齢化や震災などの影響で、コミュニティの大切さが見直されています。共同生活の中で挨拶が気持ちよく交わされる関係。そして、いざというときに頼れる専門家がいる。そんな新しい暮らしのかたちが求められています。

共用部分と専有部分

マンション理事の基礎知識

マンションの「共用部分」「専有部分」「専用使用権」の境界・区分

マンションは構造や目的によって「専有部分」と「共用部分」から成り立っています。「専有部分」「共用部分」の区分によって責任の所在も異なります。その他「専用使用権がついた共用部分」といった扱いの範囲もあります。分譲マンションの建物のうち「専有部 […]
マンション理事の基礎知識

専用使用権のついた共用部分とは「バルコニー」や「専用庭」のこと

区分所有マンションは「専有部分」と「共用部分」の二つの部分から構成されていて、それ以外の場所は存在しません。少し区別の難しいのが、バルコニーや一階住戸に面している専用庭など「専用使用権のついて共用部分」の扱いです。今回は、その取扱いでトラブ […]
理事のなり手不足対策

マンションの専有部分の範囲(住戸内・錠・玄関扉内部塗装部分)など

マンションの「専有部分」とは、簡単にいえば、区分所有者が所有している部屋内のことです。しかし「窓」や「壁」「玄関扉」など共用部分との区別がつきにくい部位もあります。「専有部分」「共用部分」の区分けを明確にすることは、例えば「設備の故障」や「 […]
マンション理事の基礎知識

マンションの共用部分の範囲(エントランス・共用廊下・階段)など

マンションの共用部分とは「エントランス」や「共同・廊下」「階段」「エレベーター」など区分所有者が共有して利用する場所です。「管理組合」や「理事会」の仕事は、主に、この共用部分の管理をおこなうことです。共用部分を適切に管理することは、マンショ […]