共用部分と専有部分

共用部分と専有部分
マンションには、各区分所有者が単独で所有する「専有部分」と区分所有者全員で共有する「共用部分」とがあります。「専有部分」とは、マンションを購入した各区分所有者が単独で使用できる建物の部分を言います。つまりマンションの一室のことです。次に、「共用部分」とは、専有部分以外の部分でマンションの入口から専有部分に通じる廊下、階段室、エレベーター室や、電気の配線、消防設備、エレベーター設備などがあります。ここで注意したいのは、バルコニー・ベランダは、「専有部分」であると思われがちですが、実際には「共用部分」にあたります。こうした専有部分と共用部分の区別が曖昧だとその使用方法や費用負担でトラブルにつながりやすいため、管理規約において「専有部分」と「共用部分」の境界を明確に定めておく必要があります。

記事一覧

管理組合向け

マンションの「共用部分」「専有部分」「専用使用権」の境界・区分

マンションは構造や目的によって「専有部分」と「共用部分」から成り立っています。「専有部分」「共用部分」の区分によって責任 […]
管理組合向け

専用使用権のついた共用部分とは「バルコニー」や「専用庭」のこと

区分所有のマンションの場合には「専有部分」と「共用部分」の二つの部分から構成されていて、それ以外の場所は存在しません。そ […]
管理組合向け

マンションの専有部分の範囲(住戸内・錠・玄関扉内部塗装部分)など

マンションの「専有部分」とは簡単にいえば、区分所有者が所有している部屋内のことです。しかし「窓」や「壁」「玄関扉」など共 […]
管理組合向け

マンションの共用部分の範囲(エントランス・共用廊下・階段)など

マンションの共用部分とは「エントランス」や「共同・廊下」「階段」「エレベーター」など区分所有者が共有して利用する場所です […]