マンション設備の保守点検

マンション設備の保守点検
マンションを維持保全していためには、建物設備の保守点検を定期的に行う必要があります。保守点検とは、建物の機能を維持するために、建物各部の不具合点や設備機器等の作動に異常がないかどうかを定期的に検査し、消耗品の交換や作動調整、補修(軽微な修繕)等を行うことであり、法律等で定められている法定点検と、任意に行う自主点検があります。マンションをいつまでも快適で安全な住まいとして維持していくためには保守点検が不可欠です。

記事一覧

管理組合向け

マンションの「月間の保守点検・作業日程表」の案内の雛形・サンプル

管理組合向け

マンションの消防設備点検の内容と「竣工後10年経過後の追加項目」

管理組合向け

マンションで義務付けられた「法定点検」と「任意点検」の違いと内容

管理組合向け

マンションでの排水管清掃の必要性と実施頻度・居住者の在宅義務

管理組合向け

マンションの「日常清掃」「定期清掃」「特別清掃」の内容と実施方法

管理組合向け

マンションの機械式駐車場設備の維持管理の費用負担の問題と危険性

管理組合向け

エレベーター保守点検費用の「相場」と「メーカー系・独立系」メンテナンス会社の違い