マンション管理のヒントがいっぱい

マンションや共同住宅での暮らしというと「ご近所付き合いが煩わしい」と感じる方が多いようです。しかし昨今では、住人の高齢化や震災などの影響で、コミュニティの大切さが見直されています。共同生活の中で挨拶が気持ちよく交わされる関係。そして、いざというときに頼れる専門家がいる。そんな新しい暮らしのかたちが求められています。

詳細はこちら

マンションで義務付けられた「法定点検」と「任意点検」の違いと内容

マンションの点検には法律で実施が義務付けられている「法定点検」と「任意点検」があります。マンションで快適な居住環境を維持するために点検は欠かせません。特に法定点検は、マンションの住人の生命を守る大切な役割があります。ここでは、2つの点検「法定点検・任意点検」の違いと内容について学んでいきます。

マンションの点検とは?

「法定点検」と「任意点検」

マンションでは、事故が起こらないように、そして毎日の生活に支障が出ないように日頃から設備や水質の点検作業をおこなう必要があります。特に、法律で義務付けられた「法定点検」は、建物や設備の故障や事故を防ぎ、安全性を確保するために必ず実施しなければなりません。

「法定点検」と「任意点検」ともに、通常は点検は、マンション管理会社や専門業者がおこないます。

マンションの点検1│法定点検

主な法定点検一覧

名称周期関連する法令
特殊建築物定期調査3年に1回建築基準法
建築設備定期検査1年に1回建築基準法
昇降機(エレベーター)
定期検査
1年に1回建築基準法
消防用設備点検機器点検:6カ月に1回
総合点検:1年に1回
消防法
簡易専用水道管理状況検査1年以内ごとに1回水道法
専用水道定期水質検査残留塩素検査:毎日
水質検査:1月に1回
受水槽清掃:1年1回
水道法
自家用電気工作物定期点検月次点検:1月に1回
年次点検:1年に1回
電気事業法

法定点検は「消防法」や「建築基準法」などの法律によって定期的な「検査」と「報告」が義務付けられています。また、これらの検査報告には一定の資格が求められることが多いため、実際の点検作業は、専門業者が行なうのが一般的です。

マンションの点検2│任意点検

主な任意点検一覧

名称実施頻度
管理員による目視点検任意
機械式駐車場点検任意
自動ドア点検任意
宅配ボックス点検任意

マンションの点検には法律で定めれた法定点検のほかに、主に管理人の目視点検などの任意点検があります。

管理組合と専門業者の直接契約
一般的に管理会社に業務を委託して、その下請けの専門業者がて保守点検業務をおこなうにに比較して、管理組合が専門業者に直接発注するとコスト削減につながります。ただし、理事会が専門業者と直接やりとりをする労力が必要となります。
任意点検でも必ず実施
特に任意でも安全性に関わる設備、例えば「機械式駐車場」などは、死亡事故も発生しているため、任意であっても必ず点検を実施しなければなりません。

総括

マンションの居住者の多くはこうした点検の必要性は理解していても、実際の作業を目にすることも少ないためあまり関心がありません。

また、マンションの点検は、専門的な知識が必要になるのでどうしても、管理会社や専門業者任せになりがちです。

しかし、点検を請け負った「管理会社」や「専門業者」の中には、点検を怠ったり報告書の作成がおこなわれなかったというケースもあります。

こうした実施漏れがないように、理事会で、報告書の内容に目を通すなどの簡単なチェックだけでもおこなうべきです。