マンションや共同住宅での暮らしというと「ご近所付き合いが煩わしい」と感じる方が多いようです。しかし昨今では、住人の高齢化や震災などの影響で、コミュニティの大切さが見直されています。共同生活の中で挨拶が気持ちよく交わされる関係。そして、いざというときに頼れる専門家がいる。そんな新しい暮らしのかたちが求められています。

マンション管理会社の業務(事務管理・管理員・清掃・建物設備管理)

マンション管理会社は、管理組合から依頼を受けて管理業務を実施する会社です。管理会社の業務の質によって、マンションの住みごこちに大きな影響を与えます。今回は、マンション管理会社の業務について学んでいきます。

マンション管理会社に委託する業務

管理業務の分類

マンション管理会社はこれらの業務のすべてを管理組合から委託を受けて実施する場合や、一部委託方式のマンションではこれらの業務の一部を管理会社がおこない、それ以外の業務は、管理会社以外の専門業者に直接発注する場合もあります。

管理会社の業務1│事務管理業務

事務管理業務とは、管理費や修繕積立金などの収納、出納などの会計業務の他、決算書、予算案の作成・長期修繕計画の作成などがあります。 また、未納者に対する督促業務の一部も管理会社の業務に含まれます。

管理会社の業務2│管理員業務

管理員業務とは、マンションの現地で管理員(管理人)が行う日常業務のことです。管理員は管理会社の社員である場合や、管理会社の協力会社から派遣させることもあります。業務は多岐にわたり、居住者対応のほか、専門業者による点検の立ち会い・巡回点検・ゴミ出しなど。また、マンションによっては清掃を兼務する場合もあります。管理員は居住者と日常的にかかわる時間が長いので、居住者からの管理員の評価は、管理会社への満足度に大きな影響を与えます。

管理会社の業務3│清掃業務

マンションの共用部分の清掃作業は、施設・設備やコストとの兼ね合いに応じて作業内容も変わってきます。日常清掃と呼ばれる、拭き・掃きとといった基本的な清掃の他、共用廊下のポリッシャーをつかった定期清掃がおこなわれるのが一般的です。日常清掃は管理員がおこなう場合もあります。

管理会社の業務4│建物・設備管理業務

建物・設備管理業務では、マンション共用部分の設備などの保守点検を行います。エレベーター、電気設備、消防設備などの保守点検をおこないますが、資格者による定期的な点検が義務付けられている法令点検については、管理会社から再委託を受けた専門の業者が実施するのが一般的です。

管理会社の業務を規制する法律

マンション管理会社は、管理組合と締結した管理委託契約書に基づいて業務をおこないます。専門知識を持たない管理組合との契約ですので、管理組合が不利益を被らないように、管理会社の業務は「マンション管理の適正化の推進に関する法律」によって様々な制限が設けられています。

総括

マンションの管理は、本来は管理組合や理事会が中心となっておこなうべきものです。しかし、マンション管理にかかわる業務の範囲は幅広く、なかには法律の知識や設備などの専門的知識を要するものがたくさんあります。
また、マンションの役員(理事)などが、マンションの管理にかかりきりになることは、現実的には困難ですが、マンションを管理する主体はあくまでも管理組合です。
全部委託方式であっても、すべてを管理会社任せにしないで、管理会社とは信頼関係を築いた上で協力しあって管理業務をおこなうことが重要です。