マンション管理のヒントがいっぱい

マンションや共同住宅での暮らしというと「ご近所付き合いが煩わしい」と感じる方が多いようです。しかし昨今では、住人の高齢化や震災などの影響で、コミュニティの大切さが見直されています。共同生活の中で挨拶が気持ちよく交わされる関係。そして、いざというときに頼れる専門家がいる。そんな新しい暮らしのかたちが求められています。

詳細はこちら

マンション管理会社の相見積りは「見積条件」「書式」の統一が重要

マンション管理会社の変更(リプレイス)を検討する場合には、複数の管理会社から見積りを取得(相見積り)して比較検討をおこないます。管理組合が容易に比較検討をおこなうためには、「見積り条件」「書式」を統一することが重要です。今回は、管理会社に相見積りを依頼する場合の適切な見積り依頼の方法について学んでいきます。

複数の管理会社から相見積りを取得するポイント

相見積りを依頼する場合の重要事項

マンションの管理業務はその内容が多岐にわたるため、管理委託契約書にすべてが記載されているわけではありません。

また、契約書に記載があっても「業務範囲」や「頻度」等については明確にされていない場合もあります。これでは、各管理会社の見積り比較が難しいため業務内容を明確にした「共通見積書」を利用して各社に記載を依頼します。

ポイント1│各管理会社に見積りを2種類依頼

取得する見積り2種類

  • 「現行と同一条件」の見積書
  • 「各社の提案型」の見積書

各管理会社には、現行の管理委託業務の内容と「同一条件」のものと、各社の強みを活かした「提案型」の見積りの提出を依頼します。

同一条件
「同一条件」の見積りは、現行の管理会社の契約書の内容に沿って作成をします。
提案型
一方、「提案型」の見積りについては、各管理会社が、管理組合にとって理想的と考える管理業務の仕様を自由に提案していただきます。

ポイント2│各管理会社の見積りの書式の統一

複数のマンション管理会社に見積りを依頼する場合(相見積り)には、理事会での、見積り内容の比較検討を容易にするために、各社の「見積りの書式」を統一します。この場合には、マンション管理業協会から「共通見積書式」が公表されていますので、の内容に準拠するように依頼します。

補足│マンション管理業務共通見積書式

一般社団法人マンション管理業協会から、マンション管理会社が管理委託費の見積りを作成する場合に、契約書に記載のない業務を含む管理仕様について明確にすることを目的とした「マンション管理業務共通見積書式」が公表されています。

各マンション管理会社から、この雛形をベースに見積りを作成してもらうことで、管理組合での比較が容易になります。

「共通見積書式」には、管理組合の基本事項のページがありますので、この部分は、事前に理事会で記入することが望ましいでしょう。
以下、「共通見積書式」から一部抜粋

マンション管理業務共通見積書式
参考 マンション管理業務共通見積書式-マンション管理業協会ウェブサイト

総括

マンション管理会社から相見積りを取得する場合には、その後の比較検討を容易にするために「見積条件」や「書式」の統一が必要です。

それとは別途、各管理会社から現行の管理業務の改善案を含めた委託内容で別途見積りの提出を依頼します。

理事に余力があれば、各社の見積内容を一覧表にまとめることが望ましいでしょう。
理事会では、各社から提出のあった「見積り金額」や「内容」について比較検討をおこなってプレゼンテーション会に参加を依頼する管理会社を絞り込みます。