機械式駐車場の点検は、信頼の「メーカー系」価格の安さで「独立系」?

機械式駐車場の点検は、信頼の「メーカー系」価格の安さで「独立系」?管理組合向け
編集部

「マンション管理の教科書」は『伝え方を変えれば管理組合に届く』をコンセプトに多くの問題を抱える管理組合に有益な情報提供や魅力的なサービスをつなげるプラットフォームです。

【マンション理事長の教科書】をフォロー
マンションスに欠かせない設備の一つに機械式駐車場がありますが、機械式駐車場のメンテナンスには多額の費用が必要になります。「機械式駐車場」の点検の依頼先としては、駐車場設備メーカー系列の保守点検業者の他、保守点検を専門におこなう独立系の保守点検業者があります。今回は、独立系の保守点検業者を利用するメリット・デメリットについて考えていきます。

機械式駐車場の点検業者2系統(メーカー系・独立系)

機械式駐車場の点検をおこなう点検業者には大きく分けて二つの系統があります。ひとつは、機械式駐車場を製造した「メーカー系」の点検業者です。そして、もう一つは駐車場のメーカーに拘らず点検を行う「独立系」と呼ばれる点検業者です。独立系の点検業者は、製品の研究費や設備投資に掛かる費用をメンテナンス費用に転嫁する必要がないため、低価格なのが特徴です。

独立系点検業者は価格は安いが、本当に大丈夫?

独立系点検業者のメリットは何よりも点検費用の安さです。一方でデメリットはメーカーからの部品調達の問題です。過去には機械式駐車場のメーカーに独禁法違反の疑いで立ち入り調査が行われるなどあって、以前に比べれば「独立系の点検業者」が不利益を被ることは少なくなってきました。

独立系の点検業差はサポート体制が重要

しかし、独立系が一般的になっているエレベーターの保守点検業者(SECやジャパンエレベーターといった企業)と比較して、独立系の駐車場の点検業者は零細な企業が多いことが管理組合が独立系業者に依頼する場合に少し不安になる部分です。

したがって、独立系の駐車場保守点検業者を選択する場合には、これまでの点検実績や24時間無休のコールセンターの有無など、サポート体制を十分に確認することが必要となります。

機械式駐車場の点検頻度

機械式駐車場の点検には法的な規制がないので、年間何回やらなければいけないといったルールはありません。マンションによっては、業者に言われるまま毎月点検を行っている管理組合がありますが、これは少し多すぎるかもしれません。コストを削減を目指すのであれば年に4回程度を目安に、少し点検の間隔をあけるのもひとつの方法です。

この記事のまとめ

機械式駐車場の日常的なメンテナンス費用は「メーカー系」の点検業者より「独立系」の業者の方が低価格です。しかし独立系のメンテナンス業者は零細な業者が多いため、これまでの実績等を確認することが大切です。

また、機械式駐車場が故障すると日常生活に不便が生じますので、故障発生時に困らないように「24時間のコールセンターがあるのか、すぐに建物に駆けつけることができるサーポート体制があるのか?」といった点を十分に確認をして、価格だけではなく総合的に判断することが必要です。

機械式駐車場の保守点検については、これまではメーカー系の点検業者に依頼することが当たり前とされてきましたが、昨今では独立系の保守点検業者を利用する管理組合も増えてきました。コストダウンを目指すのであれば、独立系から見積りを取ってみるのも良いことでしょう。