マンションでの違法民泊を見つけるには実際に予約サイトにアクセスする

マンション違法民泊を発見する方法管理組合向け
編集部

「マンション管理の教科書」は『伝え方を変えれば管理組合に届く』をコンセプトに多くの問題を抱える管理組合に有益な情報提供や魅力的なサービスをつなげるプラットフォームです。

【マンション理事長の教科書】をフォロー
2018年6月15日に住宅宿泊事業法が施行され、これにより正式な手続きをおこなえば、マンションでも合法的に住宅宿泊事業(いわゆる民泊事業)をおこなえるようになりました。しかし、大多数のファミリー向けマンションでは既に管理規約等で民泊として利用を禁止とする対応をしています。それにもかかわらず、マンション内で違法な民泊が営業されることもあります。今回は違法民泊が疑われる場合に、理事会が違法民泊を発見する方法について学んできます。

マンションでの民泊禁止に必要な対応

平成29年6月に住宅宿泊事業法が成立し、一定のルールのもといわゆる民泊が解禁されることなりました。これにより分譲マンションでも民泊業者は都道府県知事等に届出を行うことで合法的に民泊が実施され得ます。

分譲マンションでこうした民泊を禁止するためには、住宅宿泊事業の可否を管理規約上に明確化することが重要です。民泊を禁止とする場合には、専有部分の用途を以下のとおり改正することが必要です。

標準管理規約(専有部分の用途)
第12条 区分所有者は、その専有部分を専ら住宅として使用するものとし、他の用途に供してはならない。
2 区分所有者は、その専有部分を住宅宿泊事業法第3条第1項の届出を行って営む同法第2条第3項の住宅宿泊事業に使用してはならない。

マンション管理センターの調査によると、96.2%の管理組合で「民泊は全面的に禁止した」という調査結果となっています。一方で民泊を許容する取り決めをした管理組合はありませんでした。

マンション内で違法民泊が疑われる事例

マンション内で、見知らぬ方の行き来が増えたりキャリーバッグを持ち運んでいる方が増えたら違法民泊を疑います。また、民泊をおこなう場合には、鍵の受け渡しのために現地に簡易的なキーボックスを取り付けることが一般的ですので、こうしたキーボックスが設置された場合には、違法民泊がおこなわれていないか確認が必要です。

マンション内での違法民泊の確認の方法

民泊事業を営む場合、集客は民間業者が運営している民泊の予約サイトに登録して集客する方法を取ることが殆どです。実際に実際に以下のような民泊サイトにアクセスして自分たちのマンションで民泊の滞在者を募集していないか確認することが、違法民泊をみつける有効な方法です。

主な民泊予約サイト

現地の人から借りる家、体験&スポット - Airbnb
Airbnbで一生忘れられない旅をしよう。近場に眠る大冒険、遠い異国のアドベンチャーを探し、世界中のユニークな家、体験、スポットにアクセス。
Vrbo | 民泊予約 : ヴィラ、コテージ、ロッジ、アパート等
世界屈指の民泊予約サイト「Vrbo」で理想のバケーションレンタルを見つけよう。✓200万件以上の世界中の民泊物件 ✓1000万件以上の口コミ ✓安全なオンライン決済
トリップドットコム公式サイト | 航空券、ホテル、列車予約
Trip.com お得なフライト、ホテル、航空券、中国鉄道、韓国KTX鉄道、イギリスの鉄道、ドイツ鉄道(DB デーベー)予約。
アゴダ® | 200万軒以上のホテル・民泊物件 & 航空券 予約
200万軒以上のホテル・民泊物件・様々な宿泊施設のお得な割引。航空券予約も開始 | 口コミ2000万件以上 | 直前セールあり | あんしん&安全

民泊予約サイトの利用方法

実際に民泊予約サイトにアクセスして、マンションの住所を入力して検索をおこないます。民泊予約サイトでは物件の正確な位置が特定されないように地図上には大まかな位置しか表示されないようになっています。したがって物件の外観写真などを参考にご自身のマンションが対象となっていないか確認をおこなっていきます。

この記事のまとめ

マンション内で「見知らぬ方の往来」が増えたり、「キーボックスの設置」「ゴミ出しのマナー違反」「騒音が目立つ」といった場合には、違法民泊がおこなわれていないか確認をおこなう必要があります。これまで説明してきた民泊予約サイトに実際にアクセスして違法な民泊営業をさがす方法では、このようなウェブサイトは複数あることや、予約サイトに載せないで別の方法で宿泊客の集客をおこなう可能性もあることから、残念ながらすべての違法民泊をみつけることができるわけではありません。

マンション内で違法民泊がおこなわれていると疑わしい場合には、マンション管理会社の担当者(フロントマン)や管理人と協力して違法行為を早急に発見して、中止を促すことが大切です。