マンションや共同住宅での暮らしというと「ご近所付き合いが煩わしい」と感じる方が多いようです。しかし昨今では、住人の高齢化や震災などの影響で、コミュニティの大切さが見直されています。共同生活の中で挨拶が気持ちよく交わされる関係。そして、いざというときに頼れる専門家がいる。そんな新しい暮らしのかたちが求められています。

マンション管理組合の町内会への強制加入と一括徴収・脱退者への対応

マンション管理組合が町内会費を「管理費」や「修繕積立金」等と一緒に一括して徴収している例は多く見られます。今回は「管理組合」と「町内会」との関係や町内会への「強制加入」や「町内会費」の一括徴収の是非について考えていきます。

町内会と管理組合との関係

マンション管理組合が、分譲当初からの取り決めなどにより、住人の町内会への加入を義務づけ「管理費」や「修繕積立金」等と同時に、組合員から町内会費を徴収している事例が多く見られます。

昨今では、こうした費用の支払いについて疑問を持つ方も多くなり、町内会費の支払いを拒否することで、管理組合と住人との間でトラブルになるケースも多くあります。

町内会への加入は強制ではありませんので、例えば、一戸建ての住人であれば、町内会との話し合いのもと加入しないという選択も基本的には可能です。

しかし、マンションでは事情が異なり、町内会側からみれば、オートロックが一般的になったマンション一部屋一部屋をまわって、町内会への加入を促したり、町内会費を毎月徴収することは非常に困難です。

こうした事情から、建物の分譲前に「建主」と「町内会」との協議の中で、管理組合が町内会費を一括で徴収するルールを事前に定めることが一般的になっています。

これまでは、このような方法が問題視されることが少なかったので、こうした運用をしているマンションは非常に多くみられますが、昨今では、こうした手続きに疑問をもつ方も増え、町内会費の支払いを拒否する事例が増加傾向にあります。

管理組合にとっての町内会の役割

実際には、町内会といっても積極的に活動している地域もあれば、ほとんど何も行なわれない町内会もあります。
一般的にはマンションの住人とっての、町内会の役割のひとつは「地域との連絡窓口」としての機能です。例えば「公共工事」や「近隣」で発生した事件などを掲示板や回覧で周知してくれたり、ゴミ集積場の管理などを町内会でおこなっている場合もあります。

また、近隣住人とのつながりとして「お祭り」や「子供会への参加」「夜間のパトロール」など地域の住人とのコミュニケーションをはかる場としての役割もあります。

特に、地震などの災害の発生時にはこうした「町内会」や「地域の住人」との連携が必要になります。特にマンションの場合は閉鎖的な建物の構造もあって、地域とのかかわりが希薄になりやすいので、町内会をとおした地域とのつながりは重要といえます。

町内会の退会希望者への対応

前述のとおり、マンションの住人の町内会への加入は、本来は居住者が任意で決めるべきことです。しかしマンションという建物の構造上、外部の方が部屋ごとに町内会費を徴収するのは困難といった理由で、管理組合が一括して町内会費を徴収しているにすぎません。

仮に、マンション管理規約で町内会への加入が義務付けられていたとしても、それをもって、町内会への加入を強制できるとも一概には言えません。

なぜなら、マンションの管理規約はマンションの管理に関するルールですので「町内会」と「居住者」の個人間について定めても拘束力はないと考えられるからです。

こうした理由から町内会からの退会を強く希望する方から、管理組合が強制的に町内会費を徴収することはできないと考えるべきでしょう。

総括

マンションと地域と関わりの大切さを重視すれば、きちんと活動をしている町内会であれば、町内会に加入することは良いことです。

しかし、あくまで町内会への加入は居住者の意志で決めることですので、仮に退会を希望する居住者がいれば管理組合が強制的に町内会費を徴収することはできません。

仮に、退会希望者から申し出があった場合には、理事会としては町内会への加入のメリットなどをしっかりと退会希望者に説明をする必要はあるでしょう。

特に災害時には地域とのつながりが重要となりますので、できるかぎり町内会には加入することが望ましい対応といえます。