マンションや共同住宅での暮らしというと「ご近所付き合いが煩わしい」と感じる方が多いようです。しかし昨今では、住人の高齢化や震災などの影響で、コミュニティの大切さが見直されています。共同生活の中で挨拶が気持ちよく交わされる関係。そして、いざというときに頼れる専門家がいる。そんな新しい暮らしのかたちが求められています。

会計担当理事は本来重要な役割があるが管理会社が代行することが多い

会計担当理事とは、管理組合の会計業務を専門に担う役割があります。管理費の滞納者への督促や通帳の保管などが主な業務です。

会計担当理事の業務とは

実際には一般的なマンションでは会計担当理事が、こうした滞納者への督促や通帳の保管をおこなうことはなく、管理会社が業務を代行します。
一方で自主管理マンションの場合には、管理費等の滞納者への督促を実施しなければならず会計担当理事は、とても負担と責任の重い役割であるといえます。

標準管理規約第40条
(理事)
3 会計担当理事は、管理費等の収納、保管、運用、支出等の会計業務を行う。

会計担当理事の仕事

会計担当理事の主な仕事

  • 通帳の保管
  • 小口現金の管理
  • 滞納者への督促

会計担当理事の重要な業務として管理組合口座の通帳の保管があげられます。これは印鑑は理事長が保管して、通帳と印鑑を分けることによって管理組合の財産を守るための措置です。

また、マンションによっては、理事会や総会開催時の飲み物代等に充てるために、小口現金を運用している場合があります。その場合には、会計担当理事は現金の入出金を現金出納帳に記入し管理をおこなうことがあります。

その他、自主管理マンションなどでは、会計資料作成、管理費等の入金状況の把握や、滞納者への督促業務など会計担当理事には大変重要な役割があります。

マンション管理会社に業務委託をしている管理組合では、会計担当理事といっても普通の理事と同様に、特に大きな仕事がないというケースも多くあります。
その場合でも、管理会社が作成する月次報告などの書類に目をとおし、滞納状況のチェックや共用部分に関する支払い状況を確認し、理事会の中で報告をおこないましょう。

管理会社に業務委託をしていても、管理会社任せにせず、管理会社からの報告をチェックするといった業務は会計担当理事の重要な役割です。

総括

会計担当理事は、本来重要な役割を担っていますが、ほとんどの業務を管理会社が代わっておこないます。

しかし管理会社任せにせず、管理会社の業務をチェックして、特に管理費等の滞納者への督促がおこなわれているか確認することは、実務上とても大切なことです。