マンション管理のヒントがいっぱい

マンションや共同住宅での暮らしというと「ご近所付き合いが煩わしい」と感じる方が多いようです。しかし昨今では、住人の高齢化や震災などの影響で、コミュニティの大切さが見直されています。共同生活の中で挨拶が気持ちよく交わされる関係。そして、いざというときに頼れる専門家がいる。そんな新しい暮らしのかたちが求められています。

詳細はこちら

マンションの管理費の相場(地域・戸数別)を国土交通省の調査から知る

マンション管理費の相場については、国土交通省作成のマンション総合調査結果から、地域別、戸数別で知ることができます。

一戸あたりの管理費相場

マンションの管理費の相場

平成25年度マンション総合調査│管理費/戸あたり

戸あたりの管理費の額は「10,000円超15,000円以下」が23.5% (不明を除くと34.6%)と最も多く、つぎに 「7,500円超10,000円以下」が17.6% (不明を除くと25.9%) です。月/戸当たりの額の平均は『10,661円』となっています。

関東のマンションの管理費相場は高い

地域別の管理費相場

平成25年度マンション総合調査│地域別の管理費相場

地域管理費/月 (円)(円)㎡当たり管理費/月(円)
北海道9,890124
東北10,158148
関東12,096171
北陸・中部10,553135
近畿9,679128
中国・四国9,386119
九州・沖縄8,923116
不明10,180126
地域別の管理費戸別の相場では、関東がもっとも高く12,096円です。マンションの管理費は地域によって異なります。特に関東の場合には地価が高いため、それに見合ったグレードの設備を有しているため管理コストがかかり管理費が高めに設定されていると考察されます。

また、ブランド力の高いマンションデベロッパーが多いため、管理費の初期設定が高く、その後見直しがされていないなどの理由もあるでしょう。

小規模マンションの管理費相場は割高

戸数別の管理費相場

平成25年度マンション総合調査│戸数別の管理費相場

戸数管理費/月 (円)㎡当たり管理費/月(円)
20戸以下16,595201
21〜30戸11,191151
31〜50戸11,304164
51〜75戸10,727148
76〜100戸9,621128
101〜150戸9,314128
151〜200戸9,390114
201〜300戸9,100119
301〜500戸8,550108
501戸以上11,864145
不明7
総戸数が20戸以下の小規模マンションでは、管理費が大幅に高くなる傾向があります。少ない戸数で「エレベーター」や「消防設備」「給水ポンプ」などの管理コストを支払うことになるので、管理費が割高になるのはある程度仕方のないことです。

また、500戸以上のマンションでは、大規模マンションならではの「コンシェルジュサービス」や「プール」や「ジム」などの設備を維持するために管理コストがかかることや、比較的専有面積が大きい建物が多いため、やはり1戸あたりの管理費は高くなる傾向があります。

補足│現在の管理費には8割以上の方が満足している

管理費の額に満足しているか

平成25年度マンション総合調査│管理費の徴収額の妥当性

毎月、管理組合に収める管理費の徴収額の妥当性に関する調査では「妥当である」が84.4%とほとんどの方が現状の管理費の額に不満をもっていません。

マンションの資産価値を守るためにコストを掛けるのは当たり前という意識がマンションの住人に広まってきたこともあり、管理費の額については、安いに越したことはないけれど、ある程度の支出は仕方がないといったところでしょうか。

総括

マンションの管理費は、区分所有者から徴収され管理会社への支払いの他「共用部分の水道光熱費」や「保険料」「管理組合で使用する備品」など毎日の日常的な管理コストに費やされます。

マンションの管理費はこれまで見てきたとおり「規模」や「地域」などによって大きくことなります。ですから、自分たちのマンションの管理費が高いか安いかの判断は簡単ではありません。

こうした統計と自分たちのマンションの管理費の比較である程度のことは診断はできますが、本当に管理費が適正水準であるかを確認が必要な場合には、マンション管理士等の専門家に依頼して、マンションの「条件」や「管理水準」などの情報を勘案しておこなう必要があります。