管理費の「相場」について知ろう

毎月徴収される管理費や修繕積立金の額が高いと感じても、他の同規模のマンションなどの比較対象がないと実際に高いのか判断ができません。ここではマンション総合調査や管理費等の簡易シミュレーションによって他のマンションとの比較を可能としています。

他のマンションの管理費と比較

マンションの管理費は、一般的には区分所有者の専有面積の広さに応じて負担するように設定されています。平成25年度マンション総合調査によると、管理費の額は「10,000円超15,000円以下」が23.5%と最も多く、つぎに 「7,500円超10,000円以下」が17.6% とつづきます。管理費の平均額は10,661円となっています。

管理費の額 月/戸当たり平成25年度マンション総合調査結果(国土交通省)

管理費総収入/月/戸当たり

※ 平成25年度マンション総合調査結果(国土交通省)平成26年4月23日公表・マンション総合調査は国土交通省が概ね5年毎に実施している調査です。

flow_down

『管理費』『修繕積立金』シミュレーション

このシミュレーションは、お住まいのマンションの管理費等の設定が適正であるか判断基準のひとつとして、平均的なマンションの管理費、修繕積立金の額を算出するものです。シミュレーション結果は、マンション総合調査結果や当社独自の基礎データーに基づいて独自の計算式で導き出した値です。

下記のフォームにお部屋の『面積』と『条件』を入力してください。一般的なマンションのおおよその『管理費』と『修繕積立金』の設定額が算出できます。

  注意事項
お住まいのマンションの条件等により、シミュレーション結果と実際の管理費等の額が大きく異なる場合があります。あくまで簡易的なシミュレーションですのでお住まいのマンションの管理費等の適正な額については、専門家にご相談ください。
<参考資料>【国交省】平成25年度マンション総合調査結果、マンションの修繕積立金に関するガイドライン