マンション管理士試験の合格を目指す方の支援を目的に過去問題を掲載しています。スマホでの表示にも対応していますので、受験前の準備・対策にご利用ください。マンション管理士試験に合格した方の多くは、通信教育や講座などを利用していますが、独学でも決して合格が不可能というわけではありません。マンション管理士試験は、管理に関する重大な法改正などがない限り過去問をベースとして出題されています。そのため過去問に徹底的に取り組めば独学での合格も不可能ではないでしょう。

過去問学習の重要性とは?
マンション管理士試験に何も予備知識を持たない段階から合格を目指すなら、解説書と同時に過去問をしっかり学習することが大切です。マンション管理士試験の「過去問」を大活用する勉強法です。 マンション管理士試験の勉強法では、過去問をすべて解けるようにすることが合格への近道です。
試験の傾向をつかむのに有効
マンション管理士試験は、合格率が(低いですが)出題傾向は安定しています。ですから、 「しっかり勉強してきた受験者なら受かりやすい試験です。毎年よく出る試験範囲というものが過去問を勉強することで自然にわかります。
学習スピードのアップ
解説書をページ順に読んでいっても、どうしてもつまづいてしまうことがあります。 どんなにわかりやすく書いてある解説書を使っていても、難しい内容も出てきますので、その都度時間を費やしてしまいます。 その点、過去問をつかった学習であれば、解けなかった過去問題の内容にあてはまるところを解説書で学習するほうが効果的です。過去問を学習することは、限られた時間の中でマンション管理士試験の合格を目指す場合には、おすすめの学習方法です。
マンション管理士と管理業務主任者の違い
マンション管理士と管理業務主任者の立場や業務の内容は、利益相反関係であり性質が異なります。このため必要される知識も多くは共通しますが一部で範囲が異なります。管理業務主任者は、マンション管理会社に求められる資格です。そしてマンション管理士は、マンションの管理組合へのアドバイスやサポートをおこなうコンサルタント向けの資格です。

一見似ている資格にも思えますが、マンション管理業務主任者は、マンション管理会社に就職などをしない場合には、せっかく資格を取得しても実力を発揮する場が得られません。一方で、マンション管理士資格はマンション管理組合へのドバイスや支援などを行うコンサルタントとして資格ですので、マンション管理士事務所開業などを例えしなくても、管理組合の理事などをつとめる場合には、知識として十分に活かせる資格です。両者の試験の難易度は、管理業務主任者よりもマンション管理士の方が高い傾向にあります。