マンションや共同住宅での暮らしというと「ご近所付き合いが煩わしい」と感じる方が多いようです。しかし昨今では、住人の高齢化や震災などの影響で、コミュニティの大切さが見直されています。共同生活の中で挨拶が気持ちよく交わされる関係。そして、いざというときに頼れる専門家がいる。そんな新しい暮らしのかたちが求められています。

理事会

コンサルタントの活用

第三者管理方式導入までのトラブルのない安全な進め方と手続きの方法

外部専門家を役員として導入する第三者管理方式の導入するまでの大きな流れとしては、現体制の理事等が主体となり、区分所有者への説明会等で情報共有・意向把握を重ねながら検討し最終的な総会決議において決定します。なお、総会での導入決議と同時に必要な […]
コンサルタントの活用

マンションの防火管理者の業務(仕事・任期)と資格取得の必要性

多くの人々が同じ建物の中に暮らすマンションにおいて、大きな課題の一つとして「防火・防災」があります。 皆様がお住まいのマンションにも、消防法や建築基準法に基づいたさまざまな防火設備が設置されていますが、 いざという時のためにも避難経路や設備の使用方法を充分に理解しておく必要があります。
理事のなり手不足対策

マンションの理事を拒否・辞退することは可能であるか?|理事会運営

分譲マンションを購入すれば、ほとんどの場合、輪番制で役員の順番が回ってきます。しかし、役員になることを敬遠する方も多くいます。理由は様々で、毎日の仕事が忙しいから、高齢であることを理由にされる方が多いようですが実際には、理事を辞退することは […]
コンサルタントの活用

第三者管理方式による不正や横領行為を防ぐには管理会社の役割が重要

平成13年8月1日に施行された「マンション管理の適正化の推進に関する法律」は、住民の皆様の意識の変化やニーズの高まりに応えて、マンションの資産価値を守り、快適な住環境が確保できるようにとの目的から定められた法律です。
理事のなり手不足対策

役員報酬を支払うことで理事のなり手を確保する策もある|理事会運営

マンションの役員報酬は、理事のなり手不足を解消の一策として、管理組合の運営で一般的になってきました。これまで理事会運営はボランティア精神を原則とされてきましたが、居住者の高齢化などを背景にこうした運営も限界になってきました。今回は、マンショ […]
コンサルタントの活用

マンション管理士を顧問として採用して理事(役員)の負担を減らす

マンション管理士は、理事会運営をサポートしてくれる頼もしい存在です。管理組合がマンション管理士を顧問として採用すれば、理事会に出席して、理事会の進行をサポートしてくれます。例えば管理会社からの提案が管理組合にとって有益なものかアドバイスをし […]
理事のなり手不足対策

分譲マンションの役員(理事・監事)のなり手不足の対処法

分譲マンションでは、居住者の高齢化や、無関心層の増加などにより、役員(理事・監事)の「なり手不足」が社会問題化しています。 実際に理事のなり手がいないため、理事会がまともに開催できない管理組合などが増えています。 ここでは、こうした理事 […]
理事のなり手不足対策

管理組合役員になれる範囲を広げてなり手不足を解消する|理事会運営

役員のなり手がいない場合や不足等の事情がある場合には、役員の資格要件を変更するのも有効な方法です。区分所有法では、管理組合役員の資格に制限はないため、管理規約を改正することにより役員になれる範囲を拡大することができます。 役員資格は居住す […]
コンサルタントの活用

外部監査とは、マンションでも外部の専門家の会計監査が必要になる?

監事は、一般的に区分所有者から選任されますが、区分所有者からの選任が困難な場合やタワー等の大規模マンション、複合用途など管理の難易度の高いマンションにおいては、高度な知識が必要となることから、区分所有者とマンション管理士や公認会計士等の複数 […]
マンション理事の基礎知識

【総合】マンション「管理組合」と「理事会」

一般的な分譲マンションでは、その管理のために、管理規約において、理事会を置くことを規定しています。 理事によって理事会は構成され、分譲マンションにおいて理事会は管理組合の業務を執行する組織のことです。 また、必要に応じて専門委員会や部会 […]
マンション理事の基礎知識

マンションの理事の選任方法(輪番・立候補)のメリットとデメリット

マンションの理事の選任方法は主に「立候補制」と「輪番制」の2つです。どちらにもメリット・デメリットがありますが、調査によると、7割以上のマンションで輪番制が採用されています。今回は、理事の選任方法について学んでいきます。 理事は立候補者が […]
マンション理事の基礎知識

会計担当理事は本来重要な役割があるが管理会社が代行することが多い

会計担当理事とは、管理組合の会計業務を専門に担う役割があります。管理費の滞納者への督促や通帳の保管などが主な業務です。 会計担当理事の業務とは 実際には一般的なマンションでは会計担当理事が、こうした滞納者への督促や通帳の保管をおこなうこ […]