マンションや共同住宅での暮らしというと「ご近所付き合いが煩わしい」と感じる方が多いようです。しかし昨今では、住人の高齢化や震災などの影響で、コミュニティの大切さが見直されています。共同生活の中で挨拶が気持ちよく交わされる関係。そして、いざというときに頼れる専門家がいる。そんな新しい暮らしのかたちが求められています。

大規模修繕工事の第一歩としてコンセプトを理事会や修繕委員会でまとめる

マンションの大規模修繕工事は一般的には、約12~15年周期で実施しますが、実施回数やマンション毎に、今回の大規模修繕工事に求める役割は違います。大規模修繕工事の実施にあっては、まず理事会や修繕委員会で、今回の修繕工事のコンセプトを作成することで、長期間にわたる大規模修繕工事の検討をスムースに進めることができるでしょう。

長期修繕計画は参考にすぎない

長期修繕計画は、あくまで25~30年程度にわたる部材や設備の劣化状況を予想した修繕計画であり、長期修繕計画の標準様式を参考として作成されたに過ぎません。

長期修繕計画を作成した段階では、考慮しなかった管理組合毎の希望や要望などもコンセプトに盛り込むことが管理組合の希望通りの大規模修繕工事をおこなうポイントです。

実際に大規模修繕工事に着手するにあたっては、コンセプトにしたがって、工事の仕様を決定します。

大規模修繕のコンセプトの決定

理事会や修繕委員会が中心となって、マンション毎の事情や要望などを盛り込んでコンセプトを作成します。例えば、修繕積立金が十分でない管理組合であれば、必要最低限の修繕工事を安価におこなうというコンセプトになるでしょう。高齢化が顕著なマンションではバリアフリーを目指すといった考え方もあります。また、大規模修繕工事の実施回数によってもコンセプトは変わってきます。一般的には、第1回目の大規模修繕工事では、新築時の状態に戻すことを最優先し、できる限り費用を節約します。

つぎに2回目の大規模修繕工事では、時間の経過とともに、居住者のライフスタイルも変化している頃ですので「セキュリティの強化」や「高齢者対策」の他、「各種設備の更新」などもコンセプトに加味してくことになるでしょう。

総括

大規模修繕工事にあっては、着手する段階で管理組合の総会で決議することになります。しかし、工事内容を、工事の知識の乏しい区分所有者に完全に理解してもらうことは簡単なことではありません。

そこで、理事会や修繕委員会で、事前に大規模修繕工事におけるコンセプトをしっかりと作成しておくことで、マンションの住人の理解を深める効果があります。

大規模修繕工事が終わったあとに「こんなはずではなかった」といった住人からの不満やトラブルを回避するためにも、大規模修繕工事の第一歩としてコンセプトを作成することが重要です。