マンションや共同住宅での暮らしというと「ご近所付き合いが煩わしい」と感じる方が多いようです。しかし昨今では、住人の高齢化や震災などの影響で、コミュニティの大切さが見直されています。共同生活の中で挨拶が気持ちよく交わされる関係。そして、いざというときに頼れる専門家がいる。そんな新しい暮らしのかたちが求められています。

高齢者にも読みやすいユニバーサルデザインなマンション掲示物を作成する

高齢者の中には、視力が悪いことを口にすることを恥ずかしがる方も多くいます。仮にクレームがなかったとしても、できる限り大きな文字で掲示物をつくることが基本です。また、色弱者など色を識別しにくい方もいます。そういった方への細かな配慮の積み重ねがマンション管理では重要です。マンションの掲示物にとって大切なことは、読みやすさであり過剰な装飾や凝ったレイアウトは必要ありません。

掲示物の文字のサイズは12ポイント以上

マンションの掲示物の文字の大きさ
A4サイズの印刷物の場合、12ポイント以上が適正とされています。高齢者の多いマンションでは、本文は14ポイント以上、タイトルは24ポイント程度が望ましい。

行間隔・文字間隔を適正に設定しよう

マンションの掲示物の行間
行の間隔を詰めると、読みにくい。適切な行間を設定します。

マンションの掲示物は、色の選び方も重要です

色弱者など色を識別しにくい人にも間違えにくい色をえらぶ。
文字は黒、強調する部分には、真っ赤ではなく、色弱の人が赤と感じやすいように、オレンジ寄りの赤にする。

フォント(書体)はゴシック体がおすすめ

マンションの掲示物のフォント

明朝体ではなく、ゴシック体を使用する。文字への装飾(影をつける等)は控える。

要点だけを記載し、簡潔な文章を心がける

マンションの住人には日本語の苦手な方もいます。できるだけ平易な言葉で、簡潔な文章が望ましいでしょう。

読みやすいマンションの掲示物まとめ

  • ゴシック体
  • タイトル24ポイント
  • 本文14ポイント
  • 十分な行間
  • 強調する部分はオレンジ寄りの赤
  • 簡潔な文章

補足│掲示物や張り紙の雛形(テンプレート)

分譲マンションで主に使われる、各種お知らせや工事案内文等の雛形・文例のテンプレートを作成しましたので、ぜひご利用下さい。
居住者にとって、管理組合の理事会や管理会社などから居住者へ公式情報を提供する「掲示板」はとても重要な情報源となります。

マンションの掲示物を作成するときに参考にして欲しい雛形集
分譲マンションなどの集合住宅で、よくつかわれる各種お知らせや、工事案内文等の文例、例文などの雛形(テンプレート)を作成しましたのでご活用下さい。