マンションや共同住宅での暮らしというと「ご近所付き合いが煩わしい」と感じる方が多いようです。しかし昨今では、住人の高齢化や震災などの影響で、コミュニティの大切さが見直されています。共同生活の中で挨拶が気持ちよく交わされる関係。そして、いざというときに頼れる専門家がいる。そんな新しい暮らしのかたちが求められています。

「台風・集中豪雨」の水害対策を周知するための案内の雛形・サンプル

近年では、マンションでも「台風」や「ゲリラ豪雨」などの水害による被害が増加しています。地震に対する備えはある程度おこなってるマンションでも、水害への備えが不十分なマンションも数多くあります。今回は、マンションの住人向けの「水害対策の必要性を周知する」ための案内のサンプルを作成しましたのでご活用ください。

月別の保守点検作業日程のお知らせ

居住者 各位

平成○○年○月○○日

○○マンション
居住者 各位

○○マンション管理組合
管理代行 ○○管理会社

台風、集中豪雨による被害対策について

■バルコニーの荷物の片づけ
バルコニーの荷物が強風で飛ばされると、窓ガラスが割れたり、物が落下して重大な事故につながります。バルコニーにある植木鉢やハンガー、洗濯バサミ等は固定するか極力室内に入れてください。

■バルコニーの排水口の清掃
バルコニーの排水口が、落ち葉や泥などにより詰まると室内への浸水や階下への漏水事故の原因になります。排水口は、ゴミなどをこまめに取り除くなど、定期的な清掃をお願いします。

■部屋内への雨水の侵入対策
台風や大雨が予想される時は「窓’」「扉」「換気孔」は閉めて下さい。必要に応じて、サッシの下にタオルや雑巾等を詰めるなどして窓下から水が侵入しないようにします。

■機械式駐車場の車両の移動
機械式駐車場の排水ポンプの能力を超える雨水が短期間に降ると、地下ピットの侵入した雨水が排水しきれなくなり車が水没する危険があります。事前に車輌を退避し、安全な場所へ移動して下さい。

■停電や断水への備え
各住戸ごとに停電や断水に備えて、飲料や食料、懐中電灯、乾電池、簡易トイレなどを準備してください。なお、管理組合ではこうした備蓄品は用意していません。

以上

総括

毎年、梅雨から秋にかけては、台風や豪雨などでマンションでも多くの被害が発生しています。マンションでの被害が最小限におさまるように「掲示板」「ポスティング」等で、水害対策について、居住者に周知をしておきます。

特に、「ベランダの荷物の整理」や「排水口の清掃」は、居住者でなければおこなうことができないため、理事会では、日頃から危険性を居住者に周知しておく必要があります。