マンションや共同住宅での暮らしというと「ご近所付き合いが煩わしい」と感じる方が多いようです。しかし昨今では、住人の高齢化や震災などの影響で、コミュニティの大切さが見直されています。共同生活の中で挨拶が気持ちよく交わされる関係。そして、いざというときに頼れる専門家がいる。そんな新しい暮らしのかたちが求められています。

マンション内のコミュニティが地震などの災害発生時の安心につながる

マンションでの生活には、個人のプライバシーを守りながら生活できるというイメージを抱く方も多いようです。しかし昨今では、地震などの災害の際に、マンション内での居住者同士の助け合いがおこなわれ、コミュニティの重要性が見直されてきました。今回は、災害時のマンション内のコミュニティの重要性について考えていきます。

マンションのコミュニティと防災の関係

マンションは、構造上一旦玄関をくぐってしまえば、各住戸は閉鎖的な空間になっていることから他の住人との交流が少ないマンションもあります。

しかし、管理組合の総会や理事会に積極的にさんかしたり、仲の良い居住者が集まってサークル活動などをおこなっていれば住人同士の顔見知りも増えて、地震などの災害時や停電時などにには、居住者同士が助け合うことが自然とおこなわれます。

管理組合が、事前に地震などの災害に備えて、自主防災委員会を制定したり防災備蓄品を用意することはとても重要なことです。しかし、災害はいつ起こるか予測できません。

災害発生時に、リーダーシップをとるべき「管理組合の理事」や「自主防災組織」のメンバーがマンションに在宅しているとは限りません。そのときに頼りになるのは日常的に交流のあるマンション内の仲間の存在です。

普段は、深い交流がまではなくても、日頃から挨拶などをおこなう顔見知りがマンションにいれば、いざというときにお互いに助け合う雰囲気になります。

また、災害時に重要なコミュニティはマンション内に限定されるものではありません。管理組合やマンションの居住者が、日頃から「近隣の町内会」や「自治体」などの地域の組織と密接な関係を築いておくことが、いざというときの助け合いにつながります。

総括

近年では、マンションの災害発生時には「マンション内のコミュニティが大切」という意識も高まりつつあるようです。

これまでも大地震などで、マンションのライフラインが寸断されるなど日常生活に支障をきたす事態が発生したときには、マンションの住人同士の助け合いがおこなわれてきました。

マンションの内の住人同士の交流が毎日の暮らしを心地よくし、いざというときの安心につながります。管理組合が積極的に活動することで、マンションコミュニティを大切に育てることが重要です。