マンションや共同住宅での暮らしというと「ご近所付き合いが煩わしい」と感じる方が多いようです。しかし昨今では、住人の高齢化や震災などの影響で、コミュニティの大切さが見直されています。共同生活の中で挨拶が気持ちよく交わされる関係。そして、いざというときに頼れる専門家がいる。そんな新しい暮らしのかたちが求められています。

マンションの大規模修繕の特徴は住みながらおかなう修繕工事であること

マンションの大規模修繕工事は、新築工事やオフィスビル・商業ビルなどの修繕工事とは異なり、住人がそこで実際に生活を営みながら長期間にわたる工事が行われることが特徴です。マンションの住人にとっては不便な生活を強いられるため、こうした住人の日常生活への十分な配慮が必要となります。施工業者の選定に関してもそのあたりの対応力が重要なポイントになります。

マンションの大規模修繕工事の特徴

マンションの大規模修繕工事は、住人の生活の場が作業の現場となるという点が、新築工事や他の種類の建物の改修工事とは根本的に異なります。

マンションの大規模修繕工事では効率性以上に、住人の安全や日常生活への配慮が欠かせません。こうした対応ができない施工会社は技術力が高くてもマンションの大規模修繕工事には向いてないと言えるでしょう。

大規模修繕工事期間中の居住者対応

大規模修繕工事の期間中は、住民には騒音や日照減少などさまざまな制約があります。また、工事期間中はエアコンの室外機の取扱いのほか、「洗濯物が汚れた」「植木鉢が倒れた」といったことで工事や業者に対する不満やトラブルが起こりがちです。

大規模修繕工事の期間は、3~6ヶ月程度と長期間にわたるため、そのあいだ住人ができるかぎり快適に過ごすための配慮が欠かせません。

工事日程の設定も、夏場を避けたり、お盆や年末年始には足場の設置を避けるなど、居住者のストレスをできるだけ避ける工夫や配慮が必要となります。マンションでの大規模修繕工事には、居住者の協力が不可欠ですので、こうした配慮ができる業者の選定が必要です。

仮駐車場利用者等には特別な配慮が必要

マンション内の敷地が狭い場合には、工事期間中に足場や現場事務所・資材置場を確保するために、敷地内の住人の駐車場を、近隣の駐車場に移動する必要も生じます。こうした場合には、駐車場利用者に不便を強いることになりますので、クレームにつながらないように十分に配慮をする必要があります

現場監督(現場代理人)の対応力

大規模修繕工事期間中のマンションの住人の目は常に、現場で働く職人の態度や挨拶、仕事ぶりなどに向いており、随時寄せられる住人からのクレームへの対応が必要となります。

こうしたクレームへの対応や、職人に対しての監督(現場代理人)による指導力が求められるため、こうした能力に長けている施工会社を選ぶことが大規模修繕工事を円滑に進めるためには重要なことです。

総括

マンションの大規模修繕工事は、住人が暮らしながらの工事になるため生活への配慮が必要となり、オフィスビルや商業ビルなどの修繕工事とは、進め方が異なります。

ですから、施工会社の選定にあたっては、施工会社の分譲マンションでの施工実績を重視することが望ましいでしょう。