マンションや共同住宅での暮らしというと「ご近所付き合いが煩わしい」と感じる方が多いようです。しかし昨今では、住人の高齢化や震災などの影響で、コミュニティの大切さが見直されています。共同生活の中で挨拶が気持ちよく交わされる関係。そして、いざというときに頼れる専門家がいる。そんな新しい暮らしのかたちが求められています。

マンションの使用細則は管理規約には記載しきれない細かな生活ルール

マンションの使用細則は、管理規約には記載しきれない共同生活をおこなう上で必要となる細かな生活のルールです。この使用細則は、管理規約とは別に作成される共同生活での遵守すべき規則であり、共同生活において遵守すべきルールを詳細に定めたものです。ここでは使用細則の役割や作成方法について学んでいきます。

マンションの使用細則とは

使用細則とは、管理規約にもとづいて設定されるマンションの共同生活をおこなう上での細かなルールのことです。規約には記載しきれない、マンション内での細かなルール、例えば「ゴミの分別」や「駐輪場の使用方法」などを定め、マンションでの共同生活を円滑化する役割があります。

標準管理規約(使用細則)
第18条 対象物件の使用については、別に使用細則を定めるものとする。

使用細則で定める事項

使用細則は、管理規約とは別に作成される共同生活の詳細なルールですが、マンションの使用細則として、ひとつの細則にする場合と、目的ごとにそれぞれの細則をつくる場合があります。

標準管理規約コメント(抜粋)
第18条関係
使用細則で定めることが考えられる事項としては、動物の飼育やピアノ等の演奏に関する事項等。
なお、使用細則を定める方法としては、これらの事項を一つの使用細則として定める方法と事項ごとに個別の細則として定める方法とがある。

マンションで作成する使用細則

一般的な使用細則の例

  • 駐車場使用細則
  • ペット飼育細則
  • 来客用駐車場使用細則
  • 居住者名簿の取扱い細則
  • 防犯カメラ運用細則
  • 集会室使用細則
  • マンション専用庭使用細則

使用細則の「作成」や「変更」が、管理規約の内容の変更に該当しなければ、原則的には「総会の普通決議」によって変更することが可能です。

なお、管理規約の変更には、総会の特別決議(区分所有者の4分の3以上かつ議決権の4分の3以上)が必要です。

総括

使用細則は、管理規約と同様に区分所有者だけではなく同居人や賃借人も守らなければならないルールです。管理規約が「マンションの憲法」と呼ばれているの対して、使用細則は「ルールブック」の役割を担っています。使用細則では「ゴミ置場の使い方」「ペットの飼育ルール」「リフォームの制限」といった「マナー」や「ルール」を定めます。

共同生活の場でトラブルを予防するためにも、必要に応じて適宜、使用細則を作成・変更していくことが重要です。