マンションの受水槽を撤去して、直結給水方式に変更するメリットとデメリット

マンションの受水槽を撤去して、直結給水方式にするメリットとデメリット管理組合向け
編集部

「マンション管理の教科書」は『伝え方を変えれば管理組合に届く』をコンセプトに多くの問題を抱える管理組合に有益な情報提供や魅力的なサービスをつなげるプラットフォームです。

【マンション理事長の教科書】をフォロー
高経年マンションでは、給水方式を貯水槽方式から直結給水方式への変更を検討している管理組合も多いでしょう。直結給水方式に変更することで清潔なお水を飲めるというメリットがある一方でデメリットもあります。私たちの暮らしに飲み水は欠かせないもののですので、安心して暮らすためにも給水方式の変更は慎重に検討してく必要があります。今回は、受水槽方式から直結給水方式に変更するメリット・デメリットについてかんがえてあります。

直結給水方式に変更するべきか?

マンションでは、受水槽方式から直結給水方式に変更する管理組合は年々増加しています。背景には、建物の老朽化で受水槽のリニューアルが必要な時期が迫っている管理組合が増えていることや、水道本管の圧力のみで直接給水する「直結直圧方式」が、上層階まで対応できるようになってきたからです。さらに、増圧ポンプで水圧を補完することで~15階建程度のマンションまで直結給水が可能となっている地域も増えています。

増圧直結給水方式と受水槽方式の比較

直結給水方式に変更するメリット

直結給水方式の最大のメリットは何といっても衛生的な水を供給できる点です。次に貯水槽をなくすことで、その跡地を利用できるメリットも大きいでしょう。特に駐輪場が足りないマンションでは、貯水槽を撤去したスペースを駐輪場として有効活用できます。

給水の衛生面が向上
水道水を貯める貯水槽が必要がなくなり、水道管から各住戸に直結給水されるため衛生面が向上する
スペースの有効活用
敷地内の受水槽のスペースが必要なくなり、撤去後に駐輪場や駐車場として活用ができる
受水槽の維持費用が不要
受水槽を撤去することで、受水槽の点検や清掃、リニューアル費用が不要になる
高置水槽撤去で安全性向上
屋上の高置水槽を撤去することで、地震などの揺れに対して建物の安全性が向上する

地域によっては、直結給水方式が利用できないことも

直結給水方式での切り替えでは、受水槽を撤去するため道路下に敷かれた水道本管からの引き込み管を太い配管に取り換える工事が必要になり、予想以上に高額な工事になる場合があります。また、水道本管の水圧などの状況により、地域によっては直結給水方式が採用できない場合があります。このため、具体的な検討の前には水道局に確認が必要です。

直結給水方式に変更するデメリット

増圧直結給水方式でも維持費用が掛かる
直結給水方式の場合には、3、4階建て以上(地域によって異なる)のマンションの多くは、水圧を補完するために増圧直結ポンプの設置が必要となります。この場合には、増圧直結ポンプの点検や交換費用が必要になります。増圧直結ポンプは、受水槽方式などで使用するポンプと比較して維持費用が高額になるため、受水槽方式と比較して長期的な維持管理費が削減できるとは限りません。
直結給水方式では災害発生時に水が使えない
受水槽方式では、断水となっても受水槽内に貯まっている水を利用することで、しばらくの間は非常用の生活用水を確保することができます。一方で直結給水方式の場合には、受水槽を撤去することで、戸建住宅と同様にマンション内に水の貯蓄がなくなるため、水道本管が断水すれば、当然マンション内に給水はできなくなります。

この記事のまとめ

受水槽を撤去して直結給水方式への変更を検討するマンション管理組合が増えています。しかし、上で述べたように地域や建物の規模、そして管理組合の考え方によって、どちらの給水方式が向いているのかは異なります。したがって、専門家から提案を受けて、管理組合として総合的に判断することが必要でしょう。

いずれにしても、マンションの給水方式の変更は、費用も高額となり住人にとっても影響の大きい事柄のため、住人アンケートを取るなどして、住人の意見を取り入れながら慎重に検討を進めていく必要性があるでしょう。