見直しの必要性

マンション販売時の管理費は低め、管理委託費は高めに設定されています

slide4
多くのマンションで、販売当初は修繕積立金を低めに設定する傾向にあります。マンションの販売主がマンションを売りやすくするため、あえて修繕積立金の金額を低めに設定して顧客に紹介するためです。このやり方は道義的な問題はありますが、しかしこれが即違法というわけではありません。マンション購入の際には、不動産仲介会社が、きちんと管理費や修繕積立金の金額を明示し、それに基づいて顧客はマンションを購入してオーナーとなっているからです。

管理費委託費の削減が管理費の減額につながる

誤解されやすいのが、管理費イコール管理会社への支払いではありません。毎月区分所有者から徴収する管理費の中から、管理会社に支払っている管理委託費の割合が多いことから、管理会社に支払うコストが削減されると、毎月区分所有者から徴収する管理費を減額することができるという図式です。
比較

当然、サービスに対価は必要ですので、管理を委託している管理会社がコストに見合ったサービスを提供していれば問題はありません。しかしながら管理委託費の相場を知らない一般の方が管理委託費が本当に妥当な水準であるか判断する事自体が困難です。

マンションの資産価値の決め手は早期の資金計画の見直しにあり!

高齢化問題
特にデベロッパー系管理会社は競争原理が働かないことから管理委託費が高目に設定されているケースが多くあります。できれば入居後できるだけ早いタイミングで専門家の助けを借りて管理委託費を適正な水準に減額することで、毎月支払っている管理費の削減につなげることができます。