マンション管理士/食べられるようになる集客の方法

money
マンション管理士として開業したら最も大切なことは、言うまでもなく「どのように仕事を手に入れていくか」です。

マンション管理士試験に合格する前から「何となく、こういう業務をしたい」と漠然と考えていても合格までは試験のことで頭がいっぱいになるのが普通で、なかなかマンション管理士事務所開業後に、どのように業務を受託するのかは、考えられなくても仕方ありません。

しかし、マンション管理士事務所開業したらすぐにでも、どうやって業務を確保するのか考えないくてはなりません。マンション管理士資格は、比較的新しい資格ですが、それでも毎年、合格者は確実に増えていきますし、先に事務所を開業した先人たちが着実に基盤を広げています。

ここでは、基本的な業務を確保する方法を取り上げておきます。どれか、ひとつということではなく、これらを組み合わせて、まずは生活していけるだけの仕事の確保を実現しましょう。

他のマンション管理士とのコネクション

マンション管理士は、登録こそ義務付けられいますが、協会などに所属することは義務付けれていません。よって、マンション管理士会への所属は任意ではありますが、できれば参加したほうが良いでしょう。

いわゆるマンション管理士を中心とした会は、全国に複数ありますが、いずれにしても参加したからといって、十分な業務をまわしてもらえるわけではありません。なぜならば、他の士業とは異なり、顧客がマンション管理組合という組織であるため、絶対的な業務量が限られているからです。

それでも、マンション管理士会に参加することをオススメするのは、各種研修会や交流会、セミナーで他のマンション管理士と接触する機会があります。

業務を受託するための方法を一番知っているのは、同業者である他のマンション管理士の方たちです。そういった方たちから業務受託ためのヒントを学べるからです。また、マンション管理士によって得意分野が違います。場合によっては、業務を紹介してもられることもあります。

他の士業とのコネクション

マンション管理士の業務は、弁護士や建築士との連携が欠かせません。弁護士事務所に持ちかけられた相談が、弁護士の範疇ではなくマンション管理士の仕事の範囲である場合や反対に、管理費の滞納問題についてマンション管理士から弁護士に仕事を依頼する場合もあります。

他の士業の事務所にあいさつ周りをするのは難しいまでも、士業が集まる交流会やセミナー等は、数多く開催されていますので、こうした会に参加して顔と名前を覚えてもらうのもひとつの方法です。

近隣の商工会や、異業種交流会等へ顔を売る

こういった方法はマンション管理士に限らず、すべてのコンサルタント業において、基本的な方法です。こうした会に積極的に参加して、自己紹介をしたり、名刺を配ったりして、顔を売る努力をした結果として、マンションから顧問契約を受託した経験を持つ現役マンション管理士は少なくありません。

ホームページやSNSの活用して事務所を売る

マンション管理士にとって最も有効な手段はインターネットを利用した宣伝方法でしょう。顧客であるマンションの理事長の情報を、そのマンションの関係者以外知るすべはなく、もちろん全国の理事長名簿などというものはありません。ですからダイレクトメールやチラシの投函といった宣伝方法は非効率的です。

そうなると広告手段は、インターネットを活用するしかないでしょう。当然ながら無料ブログや、ホームページビルダーを利用した手作り感あふれる自事務所のウェブサイトで集客できる時代ではなく、最低限信頼感を与えるようなものでなくては集客はむずかしいでしょう。

しかしながら、プロの依頼して、きちんとしたホームページを用意するとなると、それなりに費用がかかりますし、記事を日々更新するのもかなりの根気が必要なのも事実です。

また、検索上位に表示するための対策などは、絶えず技術が進化していきます。こうした情報収集を欠かさず行い、無料ブログやFacebookといったソーシャルツールをふくめ、新しいテクニックをどんどん取り入れていきましょう。

現実的なことをいえば、マンション管理士事務所を開業してすぐに事務所のホームページを立ち上げ、事務所サイトを検査結果の上位に表示させることは非常に困難です。

なぜならば、グーグルの検索結果は運営期間も重要な要素としているからです。ドメインをとってすぐは検索結果の上位に上がりにくい仕組みです。

ですから、まだマンション管理士事務所開業前であるなら、まずはドメインを取得して事務所開業前から仮の事務所サイトを立ち上げて、開業時には、少しでも検索結果の上位に表示されるように、マンション管理の情報などを発信するのが良い方法でしょう。

事務所立ち上げ後に業務の依頼がまったくないといったリスクを減らすことができるでしょう。

マンション管理士は専門分野に特化したほうが仕事を取れるのか?

マンション管理組合の問題やトラブルの解決、理事会の運営のサポートが必要ならマンション管理士事務所が頼りになる存在です。マンション管理士は、マンション管理組合の味方となるコンサルタントです。