主な業務内容

マンション管理士事務所の主な業務

マンション管理士によるマンション管理組合との顧問契約の特徴

マンション管理士による「顧問契約サービス」はマンション管理士が管理組合の顧問に就任して、日常的に理事会や総会に出席し、管理組合運営についてのアドバイスや支援をおこなうことを主な業務としています。その他、管理会社の業務チェックをおこなったりと管理組合の頼れるコンサルタントです。マンション管理士の顧問業務は、マンション管理士と管理組合が、主に年単位での長期契約を結びことで管理組合がいつでもマンション管理士に相談にのってもらえることが一番のメリットです。実際にマンション管理士を顧問として採用するマンション管理組合は年々増えています。マンション管理士に支払う報酬により、管理組合の毎月のコストはアップしますが、その分、マンション管理士による管理組合の運営コストの合理化が期待できるため、多くの場合管理組合にとってコスト負担増は最小限に抑えられるでしょう。また、管理組合にとっては、事前にマンション管理士への支払い金額が決まっていることから、管理組合の予算取りが比較的容易におこなえることもオススメできるポイントです。ただし、顧問というサービスの特性上、業務範囲は曖昧になりがちです。管理組合が期待している業務が顧問契約サービスの範囲に含まれるか確認が必要ですし、明確な業務範囲を事前に提示してくれるマンション管理士事務所を選択することが重要です。

マンション管理士による管理費削減・減額サービスの特徴

マンション管理士による管理費削減・減額サービスは、マンション管理会社に毎月支払っている管理委託費が適正なのか不安な場合や、管理費や修繕積立金が高すぎるという不満をもった管理組合に利用されることが多いサービスです。ほとんどのマンション管理士事務所で提供されているサービスのひとつです。マンション管理士事務所がおこなう管理費削減や減額サービスの特徴は、単純に現行の管理仕様のまま、管理会社に減額を迫るだけではなく、マンションの住人へのヒアリングなどをおこなって、マンション全体の意見を集約した上で、管理仕様の見直しをおこない、なおかつ管理費の削減を目指すことです。マンション管理士事務所と「管理費削減の窓口」の管理費削減サービスの大きな違いはマンション管理士の「管理費削減」が多くの場合、管理費削減と管理仕様の見直しを兼ねていることで手厚いサービスを受けられる反面、管理仕様の見直しを兼ねるためマンション内での合意形成に時間が掛かることでしょう。また、マンション管理士事務所の場合、成果報酬制(成功報酬)ではない一定の料金設定の場合が多く、仮に管理費が下がらなくても一定のコスト負担を強いられることです。

マンション管理士による管理会社変更(リプレイス)サービスの特徴

マンション管理士による管理会社変更(リプレイス)サービスは、マンション管理組合が業務を委託しているマンション管理会社に満足が出来ない場合や、管理会社から解約の申し入れがあった場合などに利用されるサービスです。マンションの要望にあったマンション管理会社に変更することで、管理の質の向上やコスト削減につながるケースがあります。実際にマンション管理組合が管理会社を変更(リプレイス)する最も多い理由は、管理会社の担当者(フロントマン)への不満です。管理会社の社員の中で、フロントマンはマンションの住人と接する機会がもっとも多く、理事会運営サポートの中核となりますので、管理会社のフロントマンの力量次第で、実際にマンションが受けられるサービスの質や内容に大きな差が出てきます。言い換えると良いフロントマンがいるマンション管理会社が良い管理会社といえるでしょう。しかし管理の専門的知識の乏しい理事が、数多いマンション管理会社の中から、優秀なフロントマンが数多くいる管理会社を見つけることは簡単なことではありません。 そこで、数多くのマンション管理会社のことを良く知っている、実績の豊富なマンション管理士による管理会社変更(リプレイス)の支援をうけることにより、マンションにあった管理会社をみつけることができるでしょう。

契約方式「長期契約」と「スポット(個別)契約」の2種類

1.長期契約

マンション管理士事務所の提供する業務を長期間ににわたって契約するもので、長期契約には主に顧問契約や理事長代行業務などがあります。

2.スポット契約

マンション管理士事務所の提供する業務をスポット(個別案件・短期)で契約をします。主に管理規約改正や管理費削減業務などがあります。