マンション管理士は
マンション管理のコンサルタントです

マンション管理士は国家資格所有のコンサルタント
マンション管理士資格は、平成13年施行の「マンション管理適正化法」に基づき創設された国家資格です。マンション管理士は、日本のマンションの住環境を守るためのコンサルタントとしての専門知識を有します。マンション管理士資格が設けられた背景としては、日本のマンションの住環境を守るためには、マンション管理のコンサルタントとしての専門知識を持つ国家資格者の養成が必要と考えたからです。マンション管理は、マンションが完成したところから始まり、日常の管理の積み重ねでマンションの住み心地や将来の資産価値に大きく影響します。マンション管理士の実際の業務内容は、主に管理組合の顧問に就任して、継続的に理事会運営やマンション内で問題が生じた場合の解決に導くコンサルタントしての役割を担います。
マンション管理士は管理組合の良き相談相手
マンション管理士は、マンション管理組合や理事会、マンションにお住まいの方のよき相談相手です。マンション管理に関するあらゆるお悩みについてご相談いただけるので、マンション管理の状況について具体的な不満がある場合や、マンション管理に満足してはいないけと、具体的にどうしたらよいのか解らないといった場合には、マンション管理士事務所をご利用されてはいかがでしょうか。マンション管理士は、管理組合の心強い味方として、マンションのよき相談役になるでしょう。
長期的な支援ならマンション管理士事務所がオススメ!
マンション管理組合の運営や問題に対して長期的な支援を受けたいなら、マンション管理士事務所のご利用をおすすめします。マンション管理士を顧問にすると、理事会や総会に出席し、理事会のよろず相談役としての役割を担い、長期的な視点でマンション管理組合を見守るマンション管理のプロフェッショナルな存在です。
マンション管理士の費用の目安
マンション管理士の報酬額に定めはありませんので、各マンション管理士個人や事務所によって、その報酬額はまちまちです。例えば定年退職後にマンション管理士資格を取得してボランティア的に活動をされている方などは、かなり安価な設定になっているケースもあります。一方で実績や経験の豊富なマンション管理士事務所では、それなりの費用となっていますので、複数から見積もりを取得した上で、管理組合毎の事情にあったマンション管理士を選択することが大切です。
マンション管理士を利用したいけど誰に頼もう?
マンション管理士を利用したいけど誰に頼んだらよいのかわからない?実際にマンション管理士を活用してみたいと思って行動に移しても、マンションに合った評判のよいマンション管理士事務所を見つけることは困難です。マンション管理士事務所は、管理会社とは異なり、法令などで事務所の設立に制限は設けられていないため自由に行なうことができます。インターネット検索などでマンション管理士事務所のウエブサイトを探し当てても、実際には事務所を構えていない、実務経験がほとんどないといった事務所も多くあるようです。実際に管理組合がマンション管理士事務所に業務を依頼する場合には、マンションのの要求に応えることができるマンション管理士事務所であるか慎重に検討する必要があるでしょう。