マンション管理の教科書に戻る

【過去問】平成27年度マンション維持修繕技術者試験問題

マンション維持修繕技術者試験過去問【過去問】マンション維持修繕技術者

問題31

 架橋ポリエチレン管に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 耐熱性、耐食性に優れる。
2 直射日光、溶剤に強い。
3 住戸内のさや管ヘッダー工法に使用される。
4 給水管に使用される。

解答
2

問題32

 水道直結方式に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1直結直圧方式については、水道事業体による基準や指導があるため、計画時には所轄の水道事業体との打合せが必要となる。
2 受水槽方式から直結増圧方式への変更では、高置水槽以降の既設給水配管を必ず交換しなければならない。
3 直結増圧ポンプは、深夜等の小流量運転時以外は連続運転となるため、容量を分割して、できるだけ動力の小さいものとする。
4 直結増圧方式は、水道本管の圧力を利用し、エネルギーの低減を図ることができる。

解答
2

問題33

 給水設備の設計に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1 既存ポンプが鋳鉄製の場合は、ステンレス鋼製への変更を検討する。
2 設計標準震度として、受水槽は 1.5 の耐震クラスAを満たさなければならない。
3 設計給水量を決定する際のポンプ揚水量(給水量)は、高置水槽方式のほうがポンプ直送方式よりも大きい。
4 屋内にステンレス鋼製又は鋼板製の受水槽を設ける場合は、防露対策を行わなくてもよい。

解答
1

問題34

 排水設備に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1 ディスポーザー排水処理システムは、公共下水道整備区域に設置できる排水設備であり、下水道未整備区域では設置することができない。
2 ディスポーザー排水処理システムの設置について認可を得る際には、排水処理システムの配管や処理槽の維持管理計画書も提出し、設置後は計画書に基づいた維持管理を行う必要がある。
3 特殊継手排水システムは、各個通気方式の 1つであり、マンションの排水方式で採用されることが多い。
4 特殊継手排水システムの特殊継手には、排水立て管内の流れを円滑にするために、立て管内の流速を速める工夫がされている。

解答
2

問題35

 排水及び通気用配管に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1 排水用鋳鉄管は、1980年代まで採用されていたが、現在は採用されていない。
2 硬質ポリ塩化ビニル管にはVP管とVU管があるが、配管の肉厚が厚いのはVU管である。
3 排水用耐火二層管は、防火区画貫通部及びその周囲に採用されている。
4 硬質ポリ塩化ビニル管は、通気管には採用されていない。

解答
3

問題36

 排水管清掃方法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 排水管清掃方法には、化学的清掃方法と機械的清掃方法があり、どちらも一般的な管清掃方法として採用されている。
2 高圧洗浄法は、排水管内に高圧水をノズルから噴射して、付着物を除去する管清掃方法である。
3 スネークワイヤ法は、ヘッドを先端につけたワイヤで押し引きを繰り返しながら、付着物を除去する管清掃方法である。
4 化学的清掃法は、酸性又はアルカリ性洗浄剤を用いて、器具排水管の油脂類等の付着詰まりを除去する管清掃方法である。

解答
1

問題37

 ガス設備に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 都市ガスの低圧供給方式は、ガス使用量の少ない家庭用、業務用、空気調和用のガス機器を対象とする供給方式である。
2 供給されるガスの種類は、ガス会社及び地域ごとに確認する。
3 ガスガバナーは、中圧ガス供給設備において、ガス使用器具の使用圧力まで減圧する調整器である。
4 マンションのパイプシャフトに設置されているガスメーターは、管理組合の資産である。

解答
4

問題38

 ガスの配管設備に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1 亜鉛めっき鋼管は、配管の設置環境に関わらず、おおよそ20年が取替えの目安である。
2 土中埋設部に用いるポリエチレン被覆鋼管は、継手の仕様によらず耐食性が強い。
3 ポリエチレン管は、地震に弱いため、地中埋設部の改修には適していない。
4 ガス栓の改修では、ゴム管が外れたときに、ガスが自動的に止まる安全機能が付いたヒューズ付ガス栓を採用する。

解答
4

問題39

 マンションの消火設備に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1 消火器は、初期消火に有効であり、拡大した火災に用いることは適切ではない。
2 マンションのスプリンクラー設備は、一般的には乾式閉鎖型が用いられる。
3 泡消火設備は、酸素濃度を希釈することで消火する設備である。
4 屋内消火栓設備のうち、放水量が最も少ない消火栓は、易操作性 1号消火栓である。

解答
1

問題40

 マンションの警報設備又は避難設備に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1 自動火災報知設備は、火災発生後の異常現象をとらえて警報を発し、火災の消火活動に役立てるための設備である。
2 自動火災報知設備のうち、マンションのキッチンに設置する感知器は、差動式スポットである。
3 誘導灯設備は、消防法施行令の定めにより、地階、無窓階、11階以上に設置することとされている。
4 非常照明の床面照度は、蛍光灯器具では 1ルクス以上を確保しなければならない。

解答
3
タイトルとURLをコピーしました