マンション管理のヒントがいっぱい

マンションや共同住宅での暮らしというと「ご近所付き合いが煩わしい」と感じる方が多いようです。しかし昨今では、住人の高齢化や震災などの影響で、コミュニティの大切さが見直されています。共同生活の中で挨拶が気持ちよく交わされる関係。そして、いざというときに頼れる専門家がいる。そんな新しい暮らしのかたちが求められています。

詳細はこちら

マンション理事(役員)のなり手不足対策

マンション管理における課題である理事のなり手不足対策についてご紹介するページです。
居住者の高齢化や、無関心などにより理事のなり手が不足している分譲マンションの問題を解決するための方法や情報を発信しています。

理事のなり手不足対策

管理組合損害補償金給付制度はマンション管理士の不正による損害の保険

マンション管理組合が「理事長」などの役員を区分所有者以外の「外部の専門家」(第三者管理者)に依頼する場合には、国家資格者である「マンション管理士」を候補とするケースが多いですが、これまで個人の「マンション管理士」や「小規模の法人」等に管理者 […]
理事のなり手不足対策

マンションの専有部分の範囲(住戸内・錠・玄関扉内部塗装部分)など

マンションの「専有部分」とは、簡単にいえば、区分所有者が所有している部屋内のことです。しかし「窓」や「壁」「玄関扉」など共用部分との区別がつきにくい部位もあります。「専有部分」「共用部分」の区分けを明確にすることは、例えば「設備の故障」や「 […]
理事のなり手不足対策

理事も損害賠償リスクや個人情報流出事故に備え保険加入が当たり前?

理事が理事会活動などに関して関係者から訴えられた場合に金銭的な負担を補償する、「マンション管理組合役員向けの賠償保険」があるのをご存知でしょうか? マンション管理組合役員向け賠償保険とは? これまで、大手の管理会社などが […]
理事のなり手不足対策

マンション管理組合の理事の任期の設定と半数改選をおすすめする理由

理事会の運営は、業務の継続性が求められますが、不適切に役員(理事)の任期が長すぎると、管理会社との不適切な関係を疑われたり、他の区分所有者が無関心になってしまう弊害もあります。今回は、役員(理事)の適切な任期の設定について学んでいきます。 […]
理事のなり手不足対策

理事長代行とは理事長を有償でマンション管理の専門家に任せること

マンションでの「理事のなり手不足」は深刻ですが、特に、理事の役職の中でも責任の重い「理事長」だけは絶対にやりたくないという声も良く聞かれます。最後は、ジャンケンやくじで決めるケースも多いのですが、果たしてそれで良いのでしょうか。今回は、理事 […]
理事のなり手不足対策

マンションの理事を拒否・辞退することは可能であるか?|理事会運営

分譲マンションを購入すれば、ほとんどの場合、輪番制で役員の順番が回ってきます。しかし、役員になることを敬遠する方も多くいます。理由は様々で、毎日の仕事が忙しいから、高齢であることを理由にされる方が多いようですが実際には、理事を辞退することは […]
理事のなり手不足対策

役員報酬を支払うことで理事のなり手を確保する策もある|理事会運営

マンションの役員報酬は、理事のなり手不足を解消の一策として、管理組合の運営で一般的になってきました。これまで理事会運営はボランティア精神を原則とされてきましたが、居住者の高齢化などを背景にこうした運営も限界になってきました。今回は、マンショ […]
理事のなり手不足対策

分譲マンションの役員(理事・監事)のなり手不足の対処法

分譲マンションでは、居住者の高齢化や、無関心層の増加などにより、役員(理事・監事)の「なり手不足」が社会問題化しています。 実際に理事のなり手がいないため、理事会がまともに開催できない管理組合などが増えています。 ここでは、こうした理事 […]
理事のなり手不足対策

管理組合役員になれる範囲を広げてなり手不足を解消する|理事会運営

役員のなり手がいない場合や不足等の事情がある場合には、役員の資格要件を変更するのも有効な方法です。区分所有法では、管理組合役員の資格に制限はないため、管理規約を改正することにより役員になれる範囲を拡大することができます。 役員資格は居住す […]
理事のなり手不足対策

自主管理マンションは特に理事のなり手不足が深刻である|理事会運営

マンションの管理業務を、管理会社に業務を依頼することなく管理組合が実施することを自主管理と呼んでいます。理事会を中心としてマンションを管理運営していくので、管理組合員の負担も重くなりがちなため、高齢化などを背景に理事のなり手がいないといった […]
理事のなり手不足対策

高齢化問題はマンション管理組合が早急に組むべき課題|理事会運営

マンションの築年数の経過とともに、そこに住まう居住者の方も高齢化していきます。これまでの区分所有者による管理組合運営では限界もあり、今後は専門家による第三者管理・管理者管理も一般的になっていくでしょう。