マンションや共同住宅での暮らしというと「ご近所付き合いが煩わしい」と感じる方が多いようです。しかし昨今では、住人の高齢化や震災などの影響で、コミュニティの大切さが見直されています。共同生活の中で挨拶が気持ちよく交わされる関係。そして、いざというときに頼れる専門家がいる。そんな新しい暮らしのかたちが求められています。

マンション管理組合がおこなう大規模修繕工事

大規模修繕工事

不適切コンサルだらけの時代に見直される責任施工方式による大規模修繕工事

中立公正が求められているコンサルタントの立場では、大規模修繕工事にかかわらず、特定の業者を管理組合にすすめないのがあたり前とされていますので、「責任施工方式」ではなく、公募を前提とした「設計監理方式」を管理組合に勧めるのが現在では当然となっ […]
大規模修繕工事

分譲マンションの大規模修繕工事にコンサルタントが必要となる理由

分譲マンションの大規模修繕工事の準備として、区分所有者の中から専門的な知識を持った方を理事に迎い入れる。もしくは理事会とは別に修繕委員会を立ち上げるといったマンションが多いでしょう。しかし昨今、こうした負担のかかる役割を担ってくれる […]
大規模修繕工事

【総合】マンションの大規模修繕工事

大規模修繕工事とは、マンションでおこなわれる計画修繕の内、 12年から15年周期で実施される「工事内容」「工事費用」「工事期間」等が大規模な修繕工事のことをいいます。 多額の費用を要するため管理組合にとっては、最も大きなイベントです。 […]