マンションや共同住宅での暮らしというと「ご近所付き合いが煩わしい」と感じる方が多いようです。しかし昨今では、住人の高齢化や震災などの影響で、コミュニティの大切さが見直されています。共同生活の中で挨拶が気持ちよく交わされる関係。そして、いざというときに頼れる専門家がいる。そんな新しい暮らしのかたちが求められています。

マンション管理のコンサルタントの活用方法

マンション管理におけるコンサルタントの活用方法についてご紹介するページです。
居住者の高齢化、建物の老朽化、無関心層の増加などにともない区分所有者による理事会を中心とした管理組合にも限界がみえてきました。
ここでは、マンション管理のコンサルタントを上手に活用して管理組合運営を適正化する方法についてご紹介していきます。
コンサルタントの活用

コンサルタントに依頼する前に「自治体の助成制度」などを上手に活用する

マンション管理組合が「マンション管理士」や「建築士」といったコンサルタントの活用を検討される場合には、マンションの所在によっては自治体の「マンション管理士」や「建築士」などの派遣制度が設けれている場合がありますのでこうした制度を活用するのも […]
コンサルタントの活用

管理会社変更(リプレイス)時の、コンサルタント活用のメリットと業務

マンション管理会社を変更(リプレイス)をおこなう過程では、特に理事(役員)に多大な労力や負担が生じます。また、管理会社変更の結果によっては、「前の管理会社の方が良かった」「理事長がバックマージンをもらった」などと、他の組合員からクレームをつ […]
コンサルタントの活用

マンションの防火管理者の外部委託は一定の要件を充たせば認められる

マンションで防火管理者のなり手を区分所有者からみつけることは、役員(理事)のなり手が不足しているのと同様に困難なマンションが増えてきました。そのため一般的な分譲マンションでも、防火管理者を専門家に外部委託するケースも増えてきました。今回は、 […]
コンサルタントの活用

第三者管理方式導入までのトラブルのない安全な進め方と手続きの方法

外部専門家を役員として導入する第三者管理方式の導入するまでの大きな流れとしては、現体制の理事等が主体となり、区分所有者への説明会等で情報共有・意向把握を重ねながら検討し最終的な総会決議において決定します。なお、総会での導入決議と同時に必要な […]
コンサルタントの活用

マンションの防火管理者の業務(仕事・任期)と資格取得の必要性

多くの人々が同じ建物の中に暮らすマンションにおいて、大きな課題の一つとして「防火・防災」があります。 皆様がお住まいのマンションにも、消防法や建築基準法に基づいたさまざまな防火設備が設置されていますが、 いざという時のためにも避難経路や設備の使用方法を充分に理解しておく必要があります。
コンサルタントの活用

第三者管理方式による不正や横領行為を防ぐには管理会社の役割が重要

平成13年8月1日に施行された「マンション管理の適正化の推進に関する法律」は、住民の皆様の意識の変化やニーズの高まりに応えて、マンションの資産価値を守り、快適な住環境が確保できるようにとの目的から定められた法律です。
コンサルタントの活用

マンション管理士を顧問として採用して理事(役員)の負担を減らす

マンション管理士は、理事会運営をサポートしてくれる頼もしい存在です。管理組合がマンション管理士を顧問として採用すれば、理事会に出席して、理事会の進行をサポートしてくれます。例えば管理会社からの提案が管理組合にとって有益なものかアドバイスをし […]
コンサルタントの活用

外部監査とは、マンションでも外部の専門家の会計監査が必要になる?

監事は、一般的に区分所有者から選任されますが、区分所有者からの選任が困難な場合やタワー等の大規模マンション、複合用途など管理の難易度の高いマンションにおいては、高度な知識が必要となることから、区分所有者とマンション管理士や公認会計士等の複数 […]
コンサルタントの活用

【総合】マンション管理のコンサルタントの活用

マンション管理は、居住者の高齢化、建物の老朽化、無関心層の増加などにともない 区分所有者による理事会が中心となって管理をおこなうことに限界がみえてきました。 そこでサポート役として、コンサルタントを活用をすることが一般的となってきました […]
コンサルタントの活用

理事の外部委託は外部専門家の活用ガイドラインを参考にすると安全

平成28年3月にマンションの管理の適正化に関する指針が改正され、外部専門家が管理組合の管理者等に就任する場合には、「マンションの区分所有者等が当該管理者等又は役員の選任や業務の監視等を適正に行うとともに、監視・監督の強化のための措置等を講じ […]
コンサルタントの活用

第三者管理方式とは国交省お墨付きの理事をやらなくてよい管理者方式

「第三者管理方式」というのは、これまでの理事会運営方式と異なり、原則として理事長や理事会という組織はなくなり、管理組合運営を管理会社やマンション管理士などの第三者に委ねるというものです。