マンション管理士/独立開業で食べられるようになる方法

管理士事務所開業
マンション管理士試験に合格して「よし、事務所を開業するぞ!」と勢いよく準備を始めてみたものの、やることが多すぎて「何から手をつけたらよいのか・・・?」と悩んでしまう人もいると思います。

マンション管理士試験の勉強をしているときは、とにかく合格することだけが目標で、合格後のことは“漠然とした夢”でしかなかった人も多いのではないでしょうか?

マンション管理会社に勤めていたり、自分が住んでいるマンションの理事だからといった理由でマンション管理士資格を取得しただけで、合格後のことはあんまり考えていなかったという人も多いでしょう。管理士事務所はじめる

マンション管理士事務所を開業する理由はともかく、試験に合格して、マンション管理士事務所を開業する段階になると、現実が押し寄せてきます。楽しいだけの夢ではなく、生活がかかっている重要事項として、決断を迫ってきます。

「マンション管理士として、どんな業務をしたいのか?」
「どこで事務所を開業したいのか?事務所を構えるのか、自宅で開業するのか」
「いったい事務所開業にはどのくらいかかるのか?」

仮に、事務所を借りるとなれば、権利金や、コピー機や備品類を購入する費用などを計算してみると頭を抱えてしまうでしょう。「マンション管理士事務所の開業は、あきらめよう」と考える人もいるかもしれません。

また、そうして計算してみた結果、事務所を借りるのを止めて、自宅で開業することに決める人もいるかもしれません。(マンション管理士は他の士業とは違い、こちらからマンションに出向くことが多く、事務所はなくても、なんとかなるかもしれません。)

あるいは、色々と考えているよりも、思いきって「1日も早く仕事が取れるように、開業する!!」

このあたりの決断は、ご自身が決めることですね。

マンション管理士向けに提供する記事は、できるだけ客観的に執筆していますが、当然ですが、筆者の個人的な意見も入っています。そこは参考にとどめつつ、拝読いただければと思います。この記事が、これからマンション管理士事務所を開業しようとする人の一つの情報源になれば、幸いです。

text by takahashi

■ マンション管理士事務所は自宅で開業するかそれとも借りるか?
■ マンション管理士事務所の開業に最低限必要な備品とは?
■ マンション管理士として食べて行かれるようになるための集客の方法
■ マンション管理士は専門分野に特化したほうが仕事を取れるのか?

マンション管理組合の問題やトラブルの解決、理事会の運営のサポートが必要ならマンション管理士事務所が頼りになる存在です。マンション管理士は、マンション管理組合の味方となるコンサルタントです。