マンション管理のヒントがいっぱい

マンションや共同住宅での暮らしというと「ご近所付き合いが煩わしい」と感じる方が多いようです。しかし昨今では、住人の高齢化や震災などの影響で、コミュニティの大切さが見直されています。共同生活の中で挨拶が気持ちよく交わされる関係。そして、いざというときに頼れる専門家がいる。そんな新しい暮らしのかたちが求められています。

詳細はこちら

これからの「マンション管理」

心地よいコミュニティと
いざというときに頼れる専門家

マンション管理といえば「不透明」「癒着」とよくいわれるように、トラブルや不安を抱え疑心暗鬼になっている管理組合の役員も多くいます。

トラブルで苦労している管理組合の状況をみると、その理由のひとつとして、マンション管理組合の運営についての情報が不足しているという事情があります。例えば、マンション管理組合の運営に関連した「ウェブサイト」や「参考書」で情報を手に入れても、その内容が難解であったり、不安を必要以上に煽るためのものであったりと必ずしも役にたつ情報とは限りません。

「マンション管理の教科書」は、こうした背景のもと、マンションの管理組合の役員の皆さまを対象として、最低限、これだけは知っておく必要がある思われることを記載しています。このウェブサイトによって、マンションにお住まいの、皆さんにマンション管理を理解して、そして実践していただければ幸いです。

管理組合の皆さま


マンションの維持管理は管理組合の役員(理事)が中心となっておこなって、自分たちだけでは解決が難しいといった場面では、頼りになる専門家やコンサルタントの支援を受けて解決することが理想的です。そこで、私たちはコンサルタントの立場から、管理組合の役員の皆さまにウェブサイトを通じて管理のヒントや情報を提供したり、適切な専門家選びのお手伝いなどをおこない、より良いマンションづくりに貢献していきます。

専門家の皆さま


マンション管理関連の「企業」は、せっかくすばらしい商品やサービスをもっていても、その広告手段は、自社のホームページや管理会社経由に限られているのが現状です。しかしながら自社のホームページに多くのアクセスを得ることは、容易なことではありません。当ウエブサイトでは、こうしたサービスや商品をご紹介することで、貴社の商品をより多くのマンションにお住まいの方に知ってもううお手伝いをおこないます。