マンションや共同住宅での暮らしというと「ご近所付き合いが煩わしい」と感じる方が多いようです。しかし昨今では、住人の高齢化や震災などの影響で、コミュニティの大切さが見直されています。共同生活の中で挨拶が気持ちよく交わされる関係。そして、いざというときに頼れる専門家がいる。そんな新しい暮らしのかたちが求められています。

マンションの物理的な防犯対策の基本とコミュニティによる防犯対策

マンションは防犯の観点からみると、戸建て住宅より安全だと考える人が多いようです。しかし、マンションだからといって一概に安全だとはいえません。構造上マンションは屈強で、オートロックもあり侵入されにくい側面もありますが、一方で、人間関係の希薄なマンションは泥棒の標的となりやすい面もあります。マンションならではの防犯対策も必要となることから管理組合の役割も重要です。管理組合が防犯対策を講じて抑止力を高めることで、住人に安心感を与えるほか、マンションの資産価値にもつながります。

マンションの物理的な防犯対策

マンションの防犯対策で最初に考えられることはオートロックシステムですが、これだけでは防犯対策としては不十分です。居住者の出入りとともに、犯罪者が一緒に侵入することも数多くあります。
また、いくらエントランスだけを厳重にしても、人目につかない、駐車場や駐輪場、ゴミ置き場や屋上等から侵入できたら意味がありません。

むしろ上の階の方が狙われやすい

一般的に1階は狙われやすく上層階は犯罪に狙われにくいと思われがちですが、最近の傾向としては、上層階ほど無施錠で外出する居住者も多いことから、むしろ無防備で人目につきにくい高層階が狙われやすい傾向にあります。

こうした事実を、理事会等が掲示などを通じて住人に周知することで犯罪を防止します。

マンション内の視認性の確保

犯罪を防ぐ基本的事項としては、何よりも犯罪者の行動を視認できるように視認性を確保します。

植栽を適切に剪定をおこない見通しを確保することや、エントランスや共用廊下の電球の球切れなどを防ぎ、照度を確保することも重要です。

防犯カメラの設置

防犯カメラの設置は、新築マンションの防犯設備として一般的になっています。防犯カメラは、不審者や泥棒の侵入に対して抑止力の強化につながります。

後付で設置する場合には、本物の防犯カメラだけではなく、ダミーカメラも組み合わせることで比較的に安価なシステムになります。設置場所により、防犯効果に差ができることから、専門家などの意見も取り入れ、有効な場所に適切な機材を設置することが重要です。

センサーライトの設置

人に反応して点灯するセンサーライトを、駐車場やゴミ置き場など、人の目につきにくい共用部分に設置することも効果的な防犯対策です。

マンションの住人個人が、専用庭やベランダにセンサーライトを設置するなども防犯には効果的な手段ですが、個人の判断でこうした箇所にセンサーライトを設置することはできないので、設置をおこなうにあたっては理事会や管理会社に希望を伝えることからはじめます。

コミュニティで犯罪を許さない雰囲気をつくる

マンションのゴミ出しのルールやマナーも守られず、ゴミが散乱しているなど、秩序の乱れたマンションでは、犯罪者にとって防犯にも関心がないとみなされて犯罪の格好の標的になってしまいます。マンションが整然と美観を保つことは犯行を思いとどまらせる雰囲気につながり、犯罪の抑止にもつながります。

また、警視庁によると、犯罪者は、顔を覚えられたり声をかけられると犯行をあきらめる傾向にあることから、マンションの住人同士が、日頃からあいさつを交わす習慣をつけておき、せめて住人であるかの区別がつくくらいの交流を持つことは必要です。コミュニティーによる心理的防犯こそが、マンションにおける防犯対策にとって最も重要なことといえます。

総括

マンションでの防犯意識の高まりから、オートロックや防犯カメラの設置はあたりまえになっています。

それでも古いマンションでは、費用面などがネックになり未だに設置されていない場合も数多くあります。この場合には、まずは、居住者同士が自然と声をかけあう習慣をつくることが、何事にも勝る防犯対策となります。