マンション管理のヒントがいっぱい

マンションや共同住宅での暮らしというと「ご近所付き合いが煩わしい」と感じる方が多いようです。しかし昨今では、住人の高齢化や震災などの影響で、コミュニティの大切さが見直されています。共同生活の中で挨拶が気持ちよく交わされる関係。そして、いざというときに頼れる専門家がいる。そんな新しい暮らしのかたちが求められています。

詳細はこちら

理事のなり手不足対策研究会

マンション理事の基礎知識

マンション駐車場の空き区画の有効活用の方法

昨今では、車離れや居住者の高齢化などの理由でマンションの駐車場に空きが目立つようになってきました。 駐車場収入は、マンション管理組合にとって、大切な収入源になっているので、これは大きな問題です。 駐車場の空きが増えてきた場合は、他の用途 […]
マンション理事の基礎知識

管理会社への委託方式(自主管理・一部委託・全部委託)各々の特徴

マンション管理は、本来は管理組合が主体となっておこなうべきものですが、管理組合の業務の範囲は幅広く、なかには法律の知識や設備などの専門的知識を要することが多いため、実際の管理は管理会社に委託することがほとんどです。管理会社にどの程度管理を任 […]
マンション理事の基礎知識

理事長になったので法律や規約の勉強をしたい場合には何からはじめる?

管理組合の理事になるまでは、マンション管理に無関心で、管理についての知識がなくても、理事になって、マンション管理に興味を持ち始めると、管理についての知識を学ぼうという意欲もでてきます。今回は理事になって「マンション管理について学ぶ」ための最 […]
大規模修繕工事

長期修繕計画の見直し後は、総会決議をおこなうことで正式な計画となる

管理組合で長期修繕計画の策定や見直しを行った場合には、総会で決議しておくことが重要です。長期修繕計画は、管理会社が作成した素案のままでは意味がありません。総会で承認することによって、正式な管理組合の計画となるため、見直しをおこなった場合には […]
大規模修繕工事

大規模修繕工事の競争見見積りに参加する施工会社は公募により広く募集する

マンションの大規模修繕工事では、設計と工事監理を設計事務所などに任せ、施工会社は公募により広く募集する「設計監理方式」が主流になっています。工事の相見積りに参加する施工会社は、ンション内の掲示による公募や、マンションの業界紙に掲示する公募な […]
大規模修繕工事

マンションにおける大規模修繕工事の実施周期は「12年」毎が適切?

大規模改修工事の修繕周期は、一般的には12年程度とされています。しかし、長期修繕計画では12年周期とされていても、それが絶対ではありません。最近では技術の進歩などにより12年を超える周期で大規模修繕工事をおこなうマンションも増えてきました。 […]
大規模修繕工事

マンションで大規模修繕工事をおこなう体制づくり「修繕委員会の立ち上げ」

大規模修繕工事は管理組合がおこなう一大プロジェクトですので、マンションによっては「大規模修繕委員会」などの専門委員会のを立ち上げをおこなうケースがあります。管理組合の役員(理事)が輪番などにより大規模修繕工事の期間中に任期が終了して入れ替わ […]
大規模修繕工事

マンションの大規模修繕の「設計監理方式」と「責任施工方式」2つの方法

マンションの資産価値を維持するために最も大事なのが大規模修繕ですが、マンションの大規模修繕工事の進め方には一般的に「設計監理方式」と「責任施工方式」の二つに方法があります。それぞれの方式の特徴について今回は学んでいきます。 大規模修繕工事 […]
大規模修繕工事

マンションの大規模修繕工事で見積りに参加する施工会社の募集・選定方式

大規模修繕工事の施工会社の見積り参加業者の選定にあたっては、設計監理方式の場合には、設計コンサルタントの支援がありますが、任せっぱなしにしないで、理事会や修繕委員会が責任をもっておこなうことが重要です。見積りの参加企業は、居住者等にも呼び掛 […]
大規模修繕工事

大規模修繕工事の設計監理方式におけるコンサルタントの選び方のポイント

マンション管理組合がおこなう設計監理方式における成功への第一歩は、設計コンコンサルタント選びです。良い大規模修繕工事をおこなうためには、管理組合にとって最適なコンサルタントを選択することは重要なポイントになりますが、工事やマンション管理の知 […]
大規模修繕工事

大規模修繕工事の第一歩としてコンセプトを理事会や修繕委員会でまとめる

マンションの大規模修繕工事は一般的には、約12~15年周期で実施しますが、実施回数やマンション毎に、今回の大規模修繕工事に求める役割は違います。大規模修繕工事の実施にあっては、まず理事会や修繕委員会で、今回の修繕工事のコンセプトを作成するこ […]
マンション理事の基礎知識

マンションの共用部分に傘や自転車などの私物が置かれている問題の対処法

マンション共用部分に、傘や自転車などの私物が放置されていると美観を損なうほか、避難経路などを塞ぎ、災害発生時などの避難に支障がでて大変危険です。マンションの巡回点検中に、私物の放置を発見した場合には、早急に対処をおこなうことが重要です […]